ブログ

工場における 5G 接続の活用について知っておくべきこと

5G large

様々な新世代の携帯接続が開始される中、キラーアプリケーションが何であるかを予測することはほとんど不可能でした。2G の発売に伴い、無線電話の信頼性が高まり、テキストメッセージの送信が可能になり、3G 接続では、ロードに時間がかかるものの、携帯電話からインターネットへのアクセスが可能となり、現在の携帯電話ネットワークとなっている 4G は、現代のスマートフォンがターボチャージされたポケットサイズのウェブ接続可能コンピュータになることを可能にしました。過去10年間を振り返ってみると、4G 技術により動画の利用が広範囲に拡大されました。2005年には、食料品店で並んで待っている間に NBA のプレーオフゲームをストリーミングできるなんて考えられなかったことです。

各世代の移動通信技術は、新しい周波数帯域、より高いデータレート、下位互換性のない伝送技術など、特徴があります。最初の 3G ネットワークは1998年に導入され、2008年には第4世代の 4G ネットワークが導入されました。そして今、第5世代 (5G) が展開され始めており、誰もが 5G がコミュニケーションの観点から何を可能にするかを推測しています。

拡張現実、バーチャルリアリティ、または人工知能が 5G のキラーアプリケーションになると考える人もいれば、その他に何か新しい物が出現すると考える人もいます。自律ドローンによるデリバリーが実現する日も遠くありません。その技術で何ができるかは、後から考えれば当たり前でも、予測することは難しく、無意味でもあります。とはいえ、スマートな町づくり、農業や物流ネットワークでの活用、自動運転車の実現を期待し、インダストリー4.0、IoT、さらには大量のデータおよびモバイルデバイスやセンサとのユビキタス接続を必要とするその他の技術は、多くの期待となっています。警察や消防署のようなファーストレスポンダーでさえ、5G の取得に乗り出しています。

米国がこの技術を早期に採用することも重要です。スマートコネクテッド自動車や未来の工場など、様々な分野のイノベーションの基盤を形成することになる、とバージニア工科大学の電気・コンピュータ工学教授、Wireless@Virginiaテックの創設ディレクタである Jeffrey Reed は考えています。

5G は既存の移動通信技術と何が違う?

5G ネットワークは、データ転送速度が大幅に高速化し (既存の有線ギガビットブロードバンドとほぼ同じ速度、4G は良い日に約20 Mbpsを上回る)、ネットワーク遅延が短くなる (反応性の向上)、 高い信頼性 (カバレッジの向上)、ネットワーク容量の拡大 (接続可能デバイスの増加) などの観点から、大きな期待が寄せられています。

5G ネットワークは、6GHz 以下の 2 つの電波スペクトルで動作します。6GHz 未満のスペクトルは、既存の携帯電話基地局や中継塔からより広い範囲を提供します。ほとんどの専門家は、多くの工場や物流センターが存在する地方通信網がこのスペクトルを利用すると信じています。

人口密度の高い場所では、ほとんどのネットワークでミリ波と呼ばれる高い周波数が利用されています。これらの周波数は、速度の違いが重要な場所で使われます。しかし、波長が短いため、信号の減衰が速く、建物やその他の都市の障害物を貫通するのが難しいという欠点があります。ネットワークは、カバレッジ エリア全体でより多くの携帯電話基地局を使用し頻度を高めることで密度を高める必要があります。

5G はいつから使えるようになるのか?

一部の企業は、5G のパイロットカバレッジエリアを構築し始めていますが、5G が米国や世界各地に普及するまでにはまだ数年かかると予測されています。ネットワークを構築する必要があるだけでなく、Apple や Samsung などのモバイルデバイスメーカーは、それらに接続できる携帯電話を構築する必要があります。専門家は、まだ数年先だと考えています。しかし、2021年までに、5G を活用するためもインフラストラクチャの構築が必要です。

モバイルデバイス技術を使用する企業で、現時点でビジネスや業界にはないものがある場合、戦略計画とテクノロジへの投資は5Gに目を向ける必要があります。5G の実用がわずか2年後となっている今、4G 専用のハードウェアデバイスに投資することが適切でしょうか?

5G モバイルデバイスとインダストリー4.0

インダストリー4.0は、製造に革命をもたらす高度なオートメーション、マシンビジョン、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、機械学習における新たなイノベーションを総称するものです。このすべてに重要なのは、これらすべての進歩において、エンドユーザーコンピューティングデバイスとインターフェイスとなるのはモバイルデバイスであるということです。

インダストリー4.0は、生産性の強化、廃棄物の削減、製品の品質改善、製造における柔軟性の強化、運用コストの削減、その他の工場の現場におけるメリットをもたらす途方もない可能性を秘めています。5G 移動通信技術と組み合わせることで、その可能性は最大 11 倍にもありなります。

しかし、製造工場では、これらすべての技術を活用できるモバイルデバイスが必要になります。専用のモバイル コンピュータは、特定のテクノロジとコンポーネントで作られ、時間と費用がかかるアップグレードと修理が必要です。5G の実現が迫っている今、専用の 4G デバイスに設備投資することは賢明な戦略ではありません。

モジュール式のスマートフォンベースの設計を採用することにより、企業は堅牢なベースを維持し、既存の充電器とアクセサリを使用したまま、トップカバーキットのみ交換するだけで良くなります。Apple と Samsung が大規模な技術変更を組み込んだデバイスを作る中、工場は、これらの最新のデバイスにアップグレードするだけで 5G から拡張現実まで活用することができます。

企業が新しいテクノロジを迅速に活用するためには、柔軟性と適応性を維持する必要があります。モジュール式モバイル技術への投資は、専用デバイスによって引き起こされる技術導入曲線の遅れを防ぐのに役立ちます。

コグネックスのモジュール式モバイルテクノロジが組織にどのように役立つかについては、モバイルソリューション製品ガイドをダウンロードしてください。

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...