ブログ

モジュラモバイル技術による倉庫業務改善のための3つの戦略

Improving Warehouse Operations large

2018年、米国の消費者は5,000億ドル以上の商品をオンラインで購入し、前年比で15%の増加となりました。これは、ガスの使用や飲食店での食事など、人々が実際にオンラインで購入できない商品の販売を含まない、総小売売上高3.6兆ドルのほんの一部にすぎません。

eコマースの売上は、米国の小売売上高のほんの一部ですが、その成長は、2016年の全売上高の11.6%に対し、2018年の全小売売上高は14%であり、米国商務省によると、昨年は小売売上高の半分以上を占めることから、決して無視できるものではありません。

また、ほとんどの消費者が気づいていませんが、eコマースにおいてこれらの比較的小さな増加が倉庫や物流業務に大きな変化を引き起こしています。倉庫は平方フィート単位で拡大され、SKU は増加しています。流通ネットワークの平均従業員数は現在、最大287人 (2012年は239人、2018年は249人) となり、これらの環境を最適化するには、非常に大きなプレッシャーとなっています。と、VDC Research の EVP エンタープライズ モビリティ&コネクテッドデバイス部門の David Krebs が モバイル テクノロジーのウェビナーで語っています。

「私たちは、Eコマース企業に対して顧客がオーダーからパッケージの到着までの時間に高い期待を寄せるこの現象を「アマゾン インパクト」と呼んでいます」と Krebs は語っています。倉庫と物流業務は、特に労働の最適化、速度と精度の向上、技術の近代化に関する大規模な変化に対処するための統一された戦略を持つ必要があります。

「これらの企業の売上総利益はすでに減少し、利益を上げ続けるのはこれまで以上に難しい」と、コグネックスのモバイル製品部門の部長である Andrew Herchek は語っています。

これらの3つの運用上の課題は、eコマース施設、倉庫、または流通センターの最も重要な課題であり、これらは相互に関連する課題が非常に多いため、相互に対処する必要があります。

労働の最適化

倉庫が直面する最も基本的な問題は、労働の最適化です。労働力の確保は多くの企業にとって課題であり、季節的な労働力のシームレスな研修と、必要な運用レベルの効率化を迅速に行うためのトレーニングも課題です。

しかし、eコマースがもたらす運用規模拡大の課題に対応する従業員数が増加する中、企業は、従業員にとって便利なテクノロジーに投資しながら、仕分け効率を高めるプロセスについて考える必要があります。

倉庫では、「測定できないものは改善できない」という格言にあるように、常に KPI 主導 (ピッキング レート、ピッキング エラー、完璧な注文率など) の環境でした。組織では、速度と精度の向上を促進するために、技術の近代化と労働最適化の要因であるeコマースの要求に対してパフォーマンスを向上させるための包括的な戦略が必要です。

処理速度と精度の改善

処理速度と精度の向上は、特にeコマースの成長率が高い企業にとって非常に困難です。企業は、人材の増員、高価なロボット機器への投資、モバイル技術との差別化など、改善の余地はあまりありません。

倉庫の作業員は、この処理速度と精度の向上の必要性を実感しています。アマゾンやウォルマートのような企業が顧客に対して即日発送を約束する中、注文をより速く出荷する必要があります。それを実現するには、様々なチャネルを介し、様々な設備投資で達成しなければなりません。パレット単位で出荷する時代は終わり、品目レベルの出荷にシフトしています。

「エラーが目立つ状態も増えています。不良品による返品の影響も深刻です。顧客の信頼、顧客サービス、ロイヤルティにも影響を及ぼします。」

この需要を満たし、エラーを最小限に抑えるために、倉庫は、家電製品、製造、自動車などの他の産業と比較して、設備投資より非常に高い営業費用 (OpEx) を負担しています。OpEx の主な要因は労働力であり、作業員の作業のほとんどは荷積み、荷受け、在庫管理などの作業ですが、OpEx の多くを占めるのは荷物の仕分けです。通常は注文が倉庫に入ると、倉庫管理システム (WMS) を通じて、作業員を列、行、荷物などに誘導され、出荷される注文を選別します。選別率を高めることにより、企業は業務の収益性を高めることができます。

つまり、技術面への投資を考慮することなく、フルフィルメントにおける処理速度と精度の向上はほぼ不可能です。選別を高速化する技術は様々です。たとえば、作業員の選別作業を手助けするモバイル端末、部品を作業員まで届ける回転トレイとシャトル (AmazonのKivaシステム)、そして最後に「完全自動」保管システムなどがあります。前者のレベル 1 オートメーションは、倉庫での展開において非常に費用対効果が高いとされ、後者のレベル 4 自動化は、どの企業にとっても非常に高価な設備投資となります。

技術の近代化

時間の経過と共に、多くの企業は、必要性の低い投資分野と利益性の高さを考慮して、モバイルバーコードスキャナで選別を最適化することを選択しました。古いデバイスの大部分は、WMS システムと組み合わせて Windows CE を実行しています。Windows CE が寿命を迎える時期となり、企業が Google の Android OS や Apple iOS のような最新のプラットフォームに移行する方法とタイミングを考えるのには理由があります。

「倉庫対応の最新モバイルソリューションが利用可能になるまでには、もう少し時間がかかります」と Krebs は語っています。これは、最近のコグネックスと VDC が合同開催したジョイントウェビナーで行われた非公式な世論調査で明らかになりました。回答者の半数以上が新しい OS に移行する予定はないと答えています。また、約 44% が、既に最新のOSに移行している、あるいは1年以内に移行すると答えています。

「労働者は仕事以外の生活の中で現代のデバイスに慣れているため、企業は今すぐ評価とテストにいくつかのリソースを加えるべきです」「フリーターや若い労働者はレガシーデバイスに困惑するかもしれません。その技術に慣れていない可能性があります。平凡な言い方ですが、特に生産性を最大限にしたい場合は、ユーザー向けの直感的なアプリケーションを設計する必要があります。」

VDC Research では、最新のモバイル ソリューションとレガシ デバイスを比較する際に、生産性を最大限に高めるために約 75 時間から 118 時間かかることを発見しました。生産性の向上は、(バッテリ寿命延長と共に) 現代のモバイルソリューションへの投資を促進する主な理由でもあります。

Kebs は、新しいモバイルデバイスへの移行に加えて、ロボティクス、ビジョンシステム、その他のオートメーションシステムでも、倉庫やeコマース施設が手動プロセスをなくし、最終的に労働力を再割り当てするのに役立つ開発が行われていると述べています。また、音声アプリケーション、ウェアラブル、リングスキャナ、スマートグラスを備えたハンズフリー技術の概念にも関心が高まっています。

コグネックスのモジュール式モバイル技術が、最新のオペレーティングシステムとテクノロジーを使用して組織のピッキング率を向上させるうえでどのように役立つかについてオンデマンド ウェビナーをご覧ください。

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...