ブログ

オーダーフルフィルメントを促進する3つのスマートアイデア

logistics processes in warehouse setting

これは、流通センター (DC) 内の一般的なロジスティクスプロセスを調査する 4 部構成のシリーズの第 2 回目です。前回では、インバウンドロジスティクスの業務効率を向上させ、スループットを向上させる機会を模索しました。本日は、オーダーフルフィルメントを中心に進めていきます。

消費者の購買行動は、オンラインで購入して店舗で受け取る (BOPIS) や直送など、オンラインチャネルへのシフトが増えています。通販サイトと実店舗の両方を展開する小売業者では、多くの流通センター (DC) が大量、高速配達、単品注文を処理するための装備が不十分であるという課題を抱えています。高性能バーコードリーダとマシンビジョンシステムは、組織が需要の急増に対応し、より効率的で正確かつコスト効率の高い注文を満たす上で、ますます重要な役割を果たしています。運用チームは、リアルタイムのパフォーマンスフィードバックと画像オフロードにより、コード読み取りの問題をすばやく診断し、プロセスの早い段階で問題に対処し、スループットを最大化します。

以下に、3 つの一般的なオーダーフルフィルメントアプリケーションと、共通の課題に対するコグネックスのソリューションを紹介します。

物品の検証でピック精度を強化

物品の検証

デジタル消費者の時代において、小売業者や電子商取引組織は、受注の正確さ、肯定的な消費者レビューの達成、ブランドの約束を果たすことに誇りを持っています。誤った品目の出荷は、費用がかかり、リワーク時間が増え、小売業者の評判に悪影響を及ぼす可能性があります。誤った品目の出荷を最小限に抑える、排除する方法の 1 つは、効率的で正確な検証プロセスを実装することです。

受注サイクル時間を短縮する必要がある場合、特にプロセスの各ステップで完全な品目情報が利用できない場合、受注内容の検証が困難になる場合があります。多くの企業では、商品のバーコード ラベルを視覚的に、またはスキャンして手動チェックを実行します。これは、コードラベルが正しい、あるいは視覚的な検証に適した量の場合に有効です。ただし、コードに剥がれ、汚れ、破損がある場合、品目情報が正しく取り込まれない場合、受注の品質に影響を与える可能性があります。この場合、オペレータはバーコード ラベルの情報を信じるか、最適推測を行います。これにより、エラー、やり直し、および状況を是正するための追加費用が発生します。

注文のフルフィルメント全体でトレーサビリティを向上させる 1 つの方法は、コグネックス 3D-A1000 寸法測定システムなどの三次元および二次元検査システムを使用して、物品の出荷準備が整う前にパッケージの寸法データを取り込み、バーコード情報と比較することです。この方法では、品目レベルの寸法が正確に提供されるため、正しい品目を分類して検証し、受注の精度を高め、受注サイクル時間を短縮し、不正な出荷による費用が削減できます。

物流向けソリューションガイドのダウンロード

ピック時間と精度を向上

ピック時間の向上

電子商取引の急速な増加に伴い、運用チームは品質を維持しながらスループットを向上させる方法を模索しています。通常、オペレータの数を増やす、あるいは既存のオペレータの効率を高める方法を見つけるという選択肢があります。ほとんどの企業は、コストの増加を避けるため後者を選択します。

ただし、効率を高めるのは簡単ではありません。コードは、パッケージのあらゆる側面にあり、輸送や取り扱いによって損傷を受ける可能性があります。つまり、オペレータは、読み取りを行う前にパッケージを動かして複数のスキャンを試みる必要があります。レーザーバーコードスキャナなどの古い技術は、損傷したコードを読み取る際には信頼性が低いことがよくあります。ハンドヘルドスキャナまたはリングスキャナは、常にオペレータが片手を使用しなければならないため、生産性に影響を与えます。さらに、ハンドヘルドスキャンテクノロジは、破損、損失、接続の問題が生じる可能性が高いものでした。

そこで、多くの企業は、ハンズフリーになるオーバーヘッドバーコードリーダの方にメリットがあると考えました。Cognex DataMan 470 などの固定型バーコードリーダを使用してプレゼンテーション スキャン ソリューションを展開すれば、これらの課題を解決できます。高度なデコードアルゴリズムを備えた画像処理式バーコードリーダは、損傷、汚れ、または歪みのあるコードを正常に読み取る場合に、レーザーまたはラインスキャン技術よりも優れています。オーバーヘッドスキャン構成にすれば、オペレータは、上下逆、横向き、さらには最大85度の極端な角度でもコードを素早くスキャンできるため、スループットと効率性が向上します。

トートを正しいピッキングステーションにルーティングし、受注サイクル時間を短縮

トートが正しいピックステーションにルーティングされていることを確認する

流通センターとフルフィルメントセンターは、大容量対応のコンベアシステムを使用して、注文品をトートに入れて施設内の異なるゾーンのピックステーションに移動します。これを効率的に行うため、バーコードリーダでカートン/トート側面のコードを読み取り、その注文情報によってルーティングします。使用頻度が高く、取り扱いも煩雑になることから、トートのコードは摩耗し、汚れたり損傷したりする可能性があります。コードを読み取ることができないと、トートはピックステーションに到達できないため、巡廻し続け、やり直し作業に時間と費用がかかります。一般的なレーザースキャン技術は、損傷したコードを常に読み取ることができず、コードが読み取れない場合に施設管理者にフィードバックすることもできないため、後で大きな問題が生じる可能性があります。

Cognex DataMan 260 など、画像処理式バーコードリーダなら、ゾーンルーティングシステム向けのパワフルなバーコード読み取りソリューションを提供できます。このタイプのリーダは、高度なアルゴリズムとデコード技術を採用しているため、損傷したバーコードや、トート内に整理されていないバーコードを確実に読み取り、適切なピックステーションに誘導します。また、これらのソリューションは、トートはベルト上に整列していなくても、コードを全方向かつ高い視点で読み取ることができます。バーコードリーダの画像出力とコード品質指標を使用してトートラベルをグレード評価できるため、汚れや損傷のあるコードを交換して、後工程で問題が生じないよう対処できます。

これらの適用例からわかるように、オーダーフルフィルメントを最適化して効率とスループットを高める機会はたくさんあります。物流アプリケーションおよび物流バーコード読み取りシステムおよびトンネルソリューションのライブラリで、コグネックスの画像処理式バーコードリーダとマシンビジョンソリューションが、効率性とトレーサビリティの向上、スループットの向上、プロセスの最適化にどのように役立つかについてご説明します。

ソートに関する詳細は、数週間後に公開予定です。

物流向けソリューションガイドのダウンロード

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...