ブログ

ファクトリオートメーションのためのディープラーニング

Intro to Deep Learning Blog Large

スマートフォンから自動運転車に至るまで、消費者経済は、ディープラーニングのニューラルネットワークの力を活用し始めています。ディープラーニングは、モバイルデバイスやウェアラブルデバイスで使用する音声、テキスト、顔認識の基礎技術として登場し、今では医療診断からインターネットセキュリティまで、その他多くのアプリケーションで使用され始め、パターンを予測し、重要なビジネス上の意思決定を行っています。この同じ技術が、高度な製造工程で品質検査などの判断に使用されるようになっています。

根本的には、ディープラーニングは何が人間にとって自然かを例から学ばせて機械に教えます。新しい低価格のハードウェアは、人間の脳内のニューロンネットワークを模倣した、重層化された「深い」ニューラルネットワークを実用化させています。これにより、製造技術に、画像の認識、トレンドの区別、高度な予測判断など、新たな機能が加わります。

ファクトリオートメーションにおいてディープラーニングモデルは、従来のマシンビジョンの方法ではプログラムやメンテナンスが難しい画像処理アプリケーションの課題を高い精度と再現性で解決します。ディープラーニングモデルは、許容範囲外の欠陥を区別し、複雑なパターンの自然なばらつきは許容します。また、コアアルゴリズムを再プログラミングしなくても、すぐに新しい例を取り入れることができます。

Cognex Deep Learning は、工場およびメーカー向けに最適化されています。この革新的な技術は、人による目視検査の特異性および柔軟性と、コンピュータシステムの信頼性、一貫性、および速度を兼ね備えています。判断が必要な部品位置決め、検査、分類、文字認識の課題を目視や従来のマシンビジョンソリューションより効率的に解決します。

一流メーカーが最も高度な自動化課題を解決するためにディープラーニングソリューションと人工知能に目を向けている理由については、無料のホワイトペーパー「ファクトリオートメーション用ディープラーニング」をダウンロードしてご覧ください。

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...