ブログ

人工知能は製造能力を高めるのに役立つ

Boost Manufacturing with AI Large

何十年もの間、マシンビジョンを使用した自動化は、メーカーがマージンを増やす最も一般的な方法の1つでした。今日、人工知能 (AI) 技術による自動化は、ビジネスオペレーションを改善し、新しい顧客を獲得するメーカーの能力を変革しています。

突き詰めれば、AI によって、機械やコンピューティング システムは、データや例から学習して結果を予測できるようになるのです。Forrester Research によると、驚くことに、技術に関する意思決定者の53%がAIの使用を実装または拡大しており、さらに20%が今後12ヶ月間にAIを実装する予定と回答しています。製造業は、ヘルスケアや小売業と並んで、AIを受け入れる最大の産業の1つであり、製造業におけるAIへの支出は年間50%近く増加し、2025年には172億ドルに達すると予測されています。

AIは、サプライチェーン管理、品質検査、機器の予測メンテナンスなど、多様な分野で活用できます。AIは、メーカーが事業全体について考える方法を見直す真に変革的な力を持っています。しかし、この革新的な技術が進歩し、よりユーザーフレンドリーになっても、多くのメーカーは、コスト、起動時間、必要な専門知識、および結果の信頼性に関する課題のために、まだそれを最大限に活用できずにいます。

欠陥が検出されたか、誤って拒否されるか、または時間を節約したかなど、パフォーマンスに対する期待を再定義することで、検査自動化戦略の一環として、特にディープラーニングベースのAI アプリケーションを採用するメーカーは、経済的および物質的な大きな利益を享受できます。

 

ディープラーニングプロジェクトの成功は、コスト削減を実現できるのみでなく、歩留りの向上や独自の製造プロセスの理解を深めることができます。ディープラーニングソリューションの実装には、ソフトウェアおよびハードウェアの費用、エンジニアリング担当者の開発コスト、データ入力の収集に必要な時間など、関連して初期の直接コストがかかりますが、直接的および間接的な利益は相当です。

ここでは、直接的な金融ROI計算を超えた3つのAIの予想されるメリットと予想外のメリットを探ります。

コスト削減と間接費削減

マシンビジョンの実装が難しい時代遅れの作業慣行、特に手動検査を置き換えるリスクを負うメーカーは、間接費が少なくなります。手動検査には人件費が発生し、毎年必要となる他に、スタッフの離職や再訓練費用も伴います。検査官は、細心の注意を払っている場合、自動化されたソリューションよりも優れている場合が多いです。しかし、ほとんどのオペレータは 15 ~ 20 分間しか集中できないため、シフト中または生産ライン間で不整合が生じます。AIプロジェクトの回収を計算する際、多くのメーカーは、その歩留まりとスループットの向上の速さを知って驚きます。

実装の迅速化

AI アプリケーションのスコーピングに関係する起動時間が重要であると思っている人が多いため、驚くかもしれません。しかし、ファクトリオートメーション用に設計された新しい使いやすい AI ソフトウェアは、実際に市場投入までの時間を短縮することができます。人間の判断要素に特化した複雑なマシンビジョンアプリケーションを正確にプログラムし、維持するために必要な時間と労力を考えると、欠陥ライブラリ、例外、フィルタは時間の経過とともに膨大になる可能性があります。コンピュータに対してアルゴリズムを書いたり、複雑なルールをプログラミングしたりする代わりに、AI は、同じシステムに対して、データ・セットから学習し、それらの例に基づいて意思決定を行うことを教えます。少数の有能なエンジニアと数百~数千の登録画像を活用すれば、AI アプリケーションを数週間のうちに実装、テスト、最適化することができます。

分析とアップストリームプロセス制御の向上

検査結果を文書化する AI ソリューションは、ユーザーに安心感を与えるとともに、将来の障害が発生した場合に検査画像や意思決定をさかのぼってチェックする機能を提供します。最終検査ステーションが正常に自動化されると、検査ステップをインライン検査の上流に移行することが可能です。これにより、時間を費やす前に欠陥を早く特定したり、不良部品に付加価値を追加したりすることで、コストを削減できます。最後に、ディープラーニングベースのマシンビジョンは、具体的なビジョンデータを、プロセスレシピ、コンポーネントサプライヤー、設備の違い、工場の位置などの他の指標に関連付けるなど、プロセス改善の全体的な取り組みと結び付けることができます。

AI は、メーカーが追加のマージンを達成し、サプライチェーン全体で間接的な利益を得るのに役立つ新しい人件費削減のための自動化技術です。AI を組織全体の戦略自動化計画および運用の一部として扱うことで、この技術は、製造企業が新たに他界業績を達成し、株主価値を高め、競合他社に先んじて利益を上げるのに役立ちます。

詳しくは、コグネックスの無料ホワイトペーパー「ファクトリオートメーションのためのディープラーニング」をダウンロードしてください。

他の投稿

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...