ブログ

In-Sight D900 が多くのインライン検査を自動化する 3 つの理由

In-Sight D900 deep learning vision system

一般的な製造プロセスには、何らかの理由で検査されない段階が多くあります。インインラインプロセス中に、検査が複雑すぎるか、プログラムが難しいため、自動化できないステップがあるのかもしれません。検査には、様々なレベルの人間の認知、専門知識、または判断力を必要とします。

その理由が何であれ、製品が検査を受けていないメーカーは、製品リコール、非効率性、手直し、その他のマイナスのビジネス成果に直面し、収益性の向上に逆風を巻き起こします。

製品のリコールは、収益の1000万ドルから1億ドル以上の会社に費用がかかると推定され、さらにブランドの評判に対する永続的なダメージとイノベーションの減速ははるかに悪化する可能性があると、ハーバード ビジネス スクールの Ariel D. Stern は語っています。2016年には、リコールは自動車業界全体に約220億ドルの費用が生じています。

メーカーやブランドでは費用がかかりすぎるため、生産プロセスの側面を検査しないままにできません。

In-Sight プラットフォームにディープラーニング技術を追加することで、このようなインライン検査の課題を解決する方法について、ファクトリーオートメーション業界のお客様から一貫したフィードバックが寄せられています。

幸いにも、最新の In-Sight ビジョンシステム D900 は、顧客がすぐに自動化および拡張できるインライン検査の種類を拡大できるように設計されています。

In-Sight D900 は、ディープラーニング検査機能を組み込んだ初のビジョンシステムで、プログラマ以外の人が人工知能(AI)の変革力を享受することができます。In-Sight ViDi ソフトウェアを実行することで、展開時にPCを必要とすることなく、最も困難なOCR、アセンブリ検証、および欠陥検出アプリケーションを解決できます。In-Sight D900 のパワー、アクセシビリティ、使いやすさの組み合わせは、これまでメーカーが検査できなかったものを可能にし、迅速で一貫性のある正確な結果を提供します。

In-Sight D900 が、自動車、パッケージ、エレクトロニクス、食品飲料など、さまざまな業界のメーカーやオートメーションエンジニアを支援できる主な理由は3つあります。

1.アプリケーションの構築と展開が容易

In-Sight D900 のディープラーニング ジョブは、直感的な In-Sight スプレッドシート インターフェイスを利用した In-Sight ViDi ソフトウェアを使用して構築され、プログラミングなしでディープラーニング アプリケーションを迅速にセットアップして実行できます。In-Sight ユーザーにとっては、すでに熟知し、活用している使い慣れたプログラミング環境です。

In-Sight を導入したばかりでも、In-Sight スプレッドシートは、豊富な入出力および通信機能で、アプリケーション開発を簡素化し、工場への展開を容易にします。また、ユーザーは従来のコグネックスのルールベースのビジョンツール (PatMax Redline など) とディープラーニング ツールを同じジョブに組み合わせることができ、より迅速な展開につながります。

In-Sight ViDi では、他のどのディープラーニング ソリューションよりも、非常に小さな画像に対応し、登録や検証期間が短縮されています。その結果、アプリケーションのセットアップ、登録、および In-Sight D900 への導入が迅速かつ容易になります。

2. 強力なスマートカメラビジョンシステムへのディープラーニングの組み込み

これまで、工場自動化検査にディープラーニングを使用するにはディープラーニング ソフトウェアが必要でした。VisionPro ViDi でも、他のオープンソース フレームワークでも、PC 上での実行または GigE カメラに接続されているかどうかに関わらず、ディープラーニング ソリューションをラインに導入するには複雑でした。

一方、アプリケーションが作成され、ディープ ラーニング モデルが登録されると、PC を使用せずに、ライン上の In-Sight D900 に配置できます。つまり、D900 には、複雑なディープラーニング アプリケーションを生産ラインの速度で解決するように特別に設計された推論エンジンのコプロセッサが組み込まれています。また、他の In-Sight ビジョンシステムは、高度なモジュール式の IP67 準拠アプリケーションで、現場で変更可能な照明、レンズ、フィルタ、カバーを含み、アプリケーション要件にぴったり合わせてカスタマイズできます。

3.最も困難なインライン検査の自動化と拡張

In-Sight ViDi ソフトウェアを搭載した In-Sight D900 ビジョンシステムは、3つの特定のアプリケーション(欠陥検出、難しい OCR、アセンブリ検証)で特に機能を発揮します。3つの新しい検査ツール(ViDi 検出、ViDi 読み取り、ViDi チェック)を使用することで、このディープラーニングソリューションは、幅広いアプリケーションに使用できます。たとえば、その外見では欠陥が予測不能な部品や表面では、ViDi 検出ツールが適しています。

画像内の複雑な特徴や対象物を検出し、ユーザーが定義したレイアウトに基づいて部品やキットが正しく組み立てられているかどうかを検証します。OCR の場合、読み取り対象のコードに適切な照明を当て、明確なコントラストでは、マシンビジョンが大活躍します。ディープラーニングは、困難な環境でも、ほとんどのコードを読み取ります。コードがひどく変形している、歪んでいる、エッチングが不十分、または照明が悪く表面が反射する場合でも、ディープラーニングは対処できます。

結論

In-Sight D900は、PCを必要とせずに、ディープラーニング検査をライン上で実行できるパワフルでスマートなビジョンシステムです。長い間、ディープラーニングは学術理論と大手ハイテク企業の証明でした。今では、オートメーション エンジニアと品質マネージャーは、工場の現場でそのパワーを活用することができます。

デモの依頼

他の投稿

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...