ブログ

バーコード検証結果について

Understanding Verification Results Large

バーコード検証機は、品質パラメータのリストに基づいてコードの品質を評価し、公式の品質レポートを生成します。このソフトウェアは、インクカートリッジや印刷針の交換を指示するものではないため、情報は解釈が必要です。バーコードのデコード方法や、どのような品質パラメータ測定が、検証プロセスを最大限に活用するのに役立つかなど、基本的な理解を促します。

評価プロセス

すべての検証機の最初の手順は、標準の参照デコード アルゴリズムでコードをデコードできるかどうかを判断することです。これは、最も基本的なバーコードリーダでもシンボルをデコードできることを保証する方法です。コードをデコードできない場合、検証機は F グレードと NO DECODE の状態を表示します。これは、デコードされた故障コードの表示方法とは異なります。F グレードを受け取ったが、デコードプロセスに合格したコードは、各品質パラメータのグレードを表示します。

バーコードがデコードを渡すと、次のパラメータで評価されます。

  • シンボルのコントラストまたはセルのコントラスト (DPM コードの場合)
  • 変調
  • 反射マージン
  • ファインダーパターンの損傷
  • 軸方向非均一性
  • グリッド非均一性
  • 未使用エラー訂正

受け取った最低グレードが、コードの全体的なグレードになります。たとえば、結果に各パラメータに対して A が表示され、軸方向の不均一性に対して B の場合、そのバーコードのグレードは B になります。

変調

変調は、バーコードの品質を低下させる最も一般的な原因の1つです。変調とは、コード内の特定のスポットが十分なコントラストを表示していないことを意味する局所的なコントラストの問題を指します。これは、コード全体が低コントラストになるシンボルのコントラストとは異なります。検証ソフトウェアは、問題のあるセルを強調表示する必要があります。高品質バーコードには、暗いセルと明るいセルが明確に定義されています。デコード処理中に、グレーのシェードとしてラベル付けされたセルは、イメージがバイナリイメージに変更されたときにソフトウェアの計算に基づいて黒または白のモジュールに変換されますこれはエラーの可能性を残し、セルに誤ったラベルが付け加えられる可能性があります。

変調

ソフトウェアは、どのセルに変調の問題があるかを強調するため、変調の原因を特定することができます。最初に見る場所は、バー幅拡張 (印刷拡張) です。インクの種類、レーザー速度、熱レベル、フォーカスの種類、インクの使用が多すぎたり少なすぎたりして、拡張が生じる可能性があります。拡張を識別する簡単な方法は、暗いセルと明るいセルの割合を見ることです。同じ割合にする必要があります。一方が他方よりはるかに大きいと、拡張が発生します。ソフトウェアは、水平方向と垂直方向の両方の正確な拡張率を提供します。この情報は、アートワーク、インクフロー、レーザー設定などを調整に使用することができます。

バー幅の拡張レベルがわずかにずれている場合、次に表示される場所は変調値テーブルです。これにより、セルがグローバルしきい値にどのくらい近づくかがわかります。黄色または赤色でマークされた変調値を持つセルは、同様のモジュールとの一貫性を高めるために、暗くしたり明るくする必要があるかどうかを調べる必要があります。データ内のセル値が、ファインダ パターンではなく、グローバルしきい値まで上がっている場合は、ゼロ値がリストされます。変調に関する問題のその他の原因は、使用される基板、あるいは絞りの大きさである可能性があります。通常、各業界のアプリケーション標準で特定の絞りサイズが呼び出されます。推奨サイズを使用することが重要です。そうしないと、結果が歪む可能性があります。

一般的な問題と解決策

マーキング速度と強度のみでなく、インク量と紙の種類も、品質に影響を与える最も一般的な要因です。以下の表は、一覧に示された品質パラメータの改善に役立つ解決策を紹介しています。

低評価の品質パラメータ 可能な解決策
未使用エラー訂正
  • モジュールのカラーを反対色に変更してアートワークを変更する
  • コードに物理的な破損がないか確認する
  • バー幅拡張または印刷拡張を探す
シンボルのコントラスト
  • 紙の種類を変える
  • インクの色と量を確認する
  • コードの背景に明るい色を追加する
  • 照明の角度を変える
変調
  • 使用インクの量を調整して BWG を減らす
  • マーキングプロセスの速度または温度を変える
  • アートワークの規模を調整する
  • 印刷の欠陥を探す
  • 用紙の選択で透かしを確認する
変調
  • 使用インクの量を調整して BWG を減らす
  • マーキングプロセスの速度または温度を変える
  • アートワークの規模を調整する
  • 印刷の欠陥を探す
  • 用紙の選択で透かしを確認する
軸方向非均一性
  • 印刷またはマーキングの速度を確認する
  • 速度の不一致を確認する
  • 印刷ソフトウェアにエラーがないか確認する
グリッド非均一性
  • 印刷速度または振動、あるいは動作の継続または中止がないか確認する
  • 異形状の部品と印刷距離、角度、または速度が正しくない箇所を探す
  • 不適切な管理アートワークまたはピクセルの切り捨てを確認する
デコード
  • 絞りが正しいか確認する
  • ISO 規格が適切か確認する
  • 照明角度が適切か確認する
  • シンボルが有効か確認する
  • シンボルが有効か確認する
  • コードが FOV の中心か確認する
  • コードが垂直に近い状態であることを確認する
  • セルの数が均等化確認する
  • セルの端が明確か確認する
  • すべてのコンポーネントにファインダーパターンが存在するか確認する
  • インクジェットノズルが詰まっていないか確認する
  • 熱部品に欠陥がないかチェックする
ファインダーパターンの損傷
  • プリンタのノズル、ニードル、レーザー、熱部品を点検する
  • コードに物理的な損傷がないか調べる
最小反射率
  • シンボルのコントラストを確認するISO 29158 規格の画像自動調整前にシンボルのコントラストが 5% 未満の場合、画像は失敗します。

 

検証結果に関する詳細は、無料のオンデマンド バーコード検証機の結果についてを参照してください。

他の投稿

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...