ブログ

バーコードリーダとバーコード検証機は何が違う?

Barcode reader vs barcode verifier

バーコードは、製品、パッケージ、部品などに適用される機械で読み取り可能なパターンです。一次元および二次元コードのデータは、情報活用とマーケティング、および製品のライフサイクル全体で製品を追跡する目的で使用されます。コードの適用は、次の2つのいずれかの方法で行われます。1つ目は、パッケージまたはラベルにコードを書き込む方法で、通常はインクジェットまたは熱転写が使われます。2つ目は、ドットピン、化学エッチング、レーザーマーキングなど、ダイレクトパーツマーク (DPM) で部品に直接コードを刻印します。 

一次元または二次元コードを使ってサプライチェーンの管理、在庫、購入の自動化および簡素化することにより、間接費が削減できます。バーコードを使用すると、安全性と信頼性も向上します。例えば、世界中の政府が、医療機器および医薬品メーカーに対し、すべてのパッケージおよび個々の医療容器に機械で読み取れるコードの適用を義務化し始めています。たとえ欠陥製品が店頭に並んでしまったとしても、サプライチェーン全体で利用可能な品質管理データにより、各パッケージを自動追跡して、安全な回収が行われます。国際標準化機構 (ISO) のコード品質ガイドラインに準拠する必要がある業界が増え、達成と検査が必要な独自のバーコード品質パラメータを持つ企業が増えることにより、サプライチェーン全体でコードが読み取られるようになり、印刷不良または読み取り不可能なコードによる生産の遅延や小売業者の損害といった結果をもたらす機会が軽減されます。

バーコードリーダ

バーコードリーダはバーコードをスキャンして英数字に変換します。この情報には、通常、品目の説明、在庫品目の数、および価格が含まれ、データベースに送信され、格納されます。バーコードリーダにはレーザーを使用して情報をデコードするものや、照明やカメラを使用してバーコードイメージを取り込み、それを読み取って解析するものがあります。使用するソフトウェアによって、リーダがプロセス制御および改善に役立つ印字品質指標を提供します。この2種類のバーコードリーダは同じではありません。画像解像度、レンズ、照明、デコードアルゴリズムが異なります。実際、多くのバーコードリーダには、変形した読みにくいコードを複雑読み取れるよう設計されたデコードアルゴリズムが採用されています。これは、1 つのバーコード リーダではコードを正常にスキャンできても、サプライチェーンの後工程で別のバーコード リーダがコードをスキャンしない可能性があることを意味しています。

バーコードリーダがコードを読み取るところ

品質管理テストやスキャナのプロセス制御指標では、2つの異なるバーコードリーダが同じコードをどのように処理するかを確実に評価することはできません。つまり、総合的に見れば、バーコードリーダでバーコードをスキャンするということは、その特定のリーダではスキャン可能であることが分かるだけで、品質を保証するものではないということです。 

バーコード検証機

バーコードリーダはコードの読み取りに使用されますが、バーコード検証機コードの品質を評価するために使用されます。一次元および二次元コードを印刷またはマークすると、小さな問題がそのコードの読みやすさに影響を与える原因となる可能性があります。バーコードリーダを使用してバーコードの品質をテストすると、その特定のスキャナでコードを読み取ることができるという確認になります。一方、バーコード検証機は、コードが個々の生産者の基準ではなく、業界品質のしきい値を満たしていることを確認します。バーコード検証機は、様々なタイプのリーダ(レーザースキャナから画像処理式リーダなど)におけるパフォーマンスの範囲を正規化するため、シンボル可読性測定に適しています。

検証機がコードの品質を評価 

検証プロセスは、単純にコードを読み取ることではありません。

  1. 検証機にはキャリブレーションが必要です。確認用シンボルのキャリブレーションカードには、検証機のレポート機能を確認し、ISO/IEC 15415 および GS1 仕様などの産業基準の順守を文書化するのに使用される意図的に不具合を含んだシンボルが記録されています。 
  2. 業界標準では、許可される照明配置の種類(通常は 30、45、90 度、およびドーム照明)のバリエーションが規定されています。 
  3. 検証機は、コードの分析に時間がかかりますが、リーダよりも多くのデータを生成します。コードのコントラスト、変調、欠陥、デコードの容易度などの異なる品質パラメータを測定し、最終グレード (通常はA~F) を生成します。レポートを印刷またはエクスポートして、品質基準への準拠を証明できます。

検証の詳細については、「バーコード検証の基礎ガイド」をご覧ください。

 

他の投稿

DataMan 画像ベースのバーコードリーダおよびその他のコグネックス製品の詳細は、こちらから:

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ