ブログ

バーコード試験で読み取りミスを防止

No-read Barcode Verification

「読み取りミス」あるいはバーコードの読み取りエラーは、製造および物流業務の管理において重要な指標です。読み取りミスが発生すると、部品またはパッケージは拒否され、作業者が手入力しなければならないため、時間とコストがかかります。システムがアイテムを拒否するように設定されていない場合、マスターデータベースに不完全な情報が含まれる可能性があり、アイテムの追跡が非常に困難になります。

読み取りミスを引き起こす原因は何でしょうか?それは簡単な質問のように思えますが、答えを見つけるには、いくつかのステップと特別な機器が必要な場合があります。明らかな傷、ファインダーパターンの損傷、またはクワイエットゾーンの侵害がない場合にコードの読み取りミスを確認する方法は 1 つ、バーコード検証機だけです。バーコード検証機は、コードの読みやすさとデコードの問題の原因に関する情報を提供します。バーコードリーダの品質フィードバック機能は、コードが読み取れない箇所で停止します。一方、検証機は、デコードプロセスのすべての側面をシンボルタイプに対してテストし、読み取り難い箇所を強調します。

バーコードを製造、印刷、マークする組織は、バーコードの検証機能でバーコードをテストしない場合、時間、お金、リソースを浪費する危険性が高くなります。これは、バーコード検証がサプライチェーン全体でコードが読み取り可能であることを保証する唯一の方法だからです。

コードが読み取れないとどうなりますか?少なくとも、倉庫や店舗のレジで利用者が情報を入力する必要があります。これには時間がかかり、人為的ミスの可能性が生まれます。最悪の場合、大手小売業者や政府機関が製品を拒否したり、要件に準拠していないコードに対して罰金が生じます。
 
3 つの手順でバーコードの適切なテストを開始する方法を紹介します。

  1. 適切なバーコード検証機を選ぶ: まず、使用するシンボルタイプと品質基準を特定します。適切な検証モデルを選択するには、いくつかの点を考慮する必要があります。
    • 印刷されるバーコードの大きさは?
    • バーコード検証機は、最大サイズのバーコードに適した視野があり、最小サイズのコードが確認できる十分な解像度があるか?
    • どのような基準を遵守する必要があるか?(GS1 または ISO 規格など)
    • これらの規格に対する評価をソフトウェアで行うための設定が簡単か?

  2. プロトコルを作成する: バーコードをテストまたは評価するためのプロトコルを確立します。つまり、コードを定期的に検証し、バーコードに障害が発生した場合に是正措置を講ずるための計画を立てる必要があります。不具合の原因を診断し、印刷処理を正常に戻すための対策も含めます。このプロトコルは、印刷またはマーキング工程において日常的に行う作業の一部にする必要があります。

  3. 連続サンプリングまたはランダムサンプリングを実施する: インラインバーコード検証またはランダムサンプリングが最適かどうかを判断する必要があります。ほとんどのバーコードテストはサンプリングベースで行われ、コードは所定の増分で定期的にチェックされます。たとえば、消費者向けパッケージは、20 分ごと、または 90 分ごとにテストします。しかし、最近では技術が向上し、いくつかのバーコード検証機メーカーは、印刷またはマークされたすべてのバーコードに対して評価結果とレポートを提供する ISO 準拠のインライン検証を提供しています。

バーコードテストは、日常業務の一環であることを理解する必要があります。プロトコルに従って、コードが正しく印刷され、スキャンされようにします。読み取りミスが発生するには原因があります。パターンがあるはずです。常にコードをテストすることで、毎回正確にスキャンできるようになります。

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...