ブログ

バーコード検証のオフラインとインライン

Offline versus inline barcode verification

製品にバーコードを印刷またはマーキングするメーカーは、多くの場合、バーコード検証機を使用して、サプライチェーン内のバーコードリーダがコードを読み取れるようにしています。検証機は、コードの品質と読みやすさを理解するために重要な国際標準化機構 (ISO) 標準に従ってコードを分析し測定値を生成します。最終的な結果は、評価文字を含む正式な品質グレードとなり、印刷可能またはエクスポート可能なレポートで詳細に表示されます。「合格」評価(通常は「C」グレード以上)を受け取るバーコードは、パフォーマンスと初回通過率の最小許容しきい値を満たしています。別の形式の品質管理に対する検証のメリットは、コードが正しくマークされていること、個々の生産者のしきい値ではなく、業界の品質しきい値を満たしていることを証明できることです。

オフライン検証

現在利用可能なほとんどの検証機はオフラインです。つまり、生産ライン以外で使用されるハンドヘルド モデルまたはデスクトップ モデルです。生産に対応するため、ほとんどの生産者は、バッチ単位でコードのサンプルのみを検証しています。サンプリング基準は、生産者の製品管理の統計要件、ときには顧客の仕様によって決まります。ランダムサンプリングの問題は、バーコードの品質問題がリアルタイムでキャッチされないことが多いことです。サンプルされていないコードは、問題が発見された後の診断検査には使用されません。

オフライン検証機は、コストが安く、手間のかかるセットアッププロセスを必要としないというメリットがあります。さらに、市場には様々なタイプの検証機があり、特定のバーコードサイズやマーキングプロセス専用に作られた検証モデルもあるため、規格外サイズのコや、印字が困難な基板上にマーキングしてある場合でも対応することができます。

DataMan 8072V は、30/45/90 度の照明オプションを備えたオフライン式のハンドヘルド型バーコード検証機で、最も困難なダイレクト パーツ マーク (DPM) コードを取り込んで評価できます。詳細レポートにより、コードが業界基準を満たしているかどうかが判断できます。また、コンプライアンスの実証、印刷やプロセス管理の問題を明らかにするのにも使用されます。

DataMan 8072V ハンドヘルド型検証機 ISO 照明

 
インライン検証

インライン検証機または生産ラインの固定位置に設置されている検証機は、これまで検証プロセスが単純にコードを読み取るよりも時間がかかり過ぎていたため、ほとんどの生産ラインの処理速度に対応できずにいました。最近まで、インライン検証機は一次元線形バーコードのみの検証に限られていました。インライン検証機の開発は容易ではありませんが、いくつかの企業は、二次元コードを含むコードをはるかに速い速度で検証できる製品を開発してきました。

インライン検証機が ISO 規格に準拠するためには、照明は特定の角度でコードから特定の距離にある必要があります。検証機もキャリブレーションする必要があります。これは、検証機のモデル、バーコード手順、生産ラインの複雑性によっては、オフライン検証機よりもセットアップが複雑になる可能性があります。

インライン検証はオフライン検証よりもコストがかかる場合がありますが、作成されたすべてのバーコードに対して品質グレードとレポートが提供されます。つまり、コードの品質と読み取り率の信頼性が高まり、潜在的な問題が少なくなります。また、コードの品質が低下し始めるとすぐに通知を提供し、インクやマーキング針を交換するタイミングなどを推測ではなく行うことができるようになります。

DataMan 475V インラインバーコード検証機は、自動化された高速検証と品質レポートを生産ラインから直接提供します。4 方向、45 度の照明アタッチメントは、一次元および二次元コードをグレード評価するための ISO 要件に準拠しています。即時のフィードバックと画像診断情報により、オペレータは印字とプロセス制御の問題を発生と同時に認識して修正することができます。さらに、詳細レポートを生成して、トレーサビリティ、プロセス制御、コンプライアンスに使用することもできます。

DataMan 475V インラインバーコード検証機によるコード評価

適切なバーコード検証機を選ぶ

インラインまたはオフラインバーコード検証機のどちらが適切かという決断は、いくつかの質問に対する答えから導かれます。

  • 生産ラインにスペースがどのくらいあるか?
  • コードがマーキングされる速さをどの程度か?
  • 検証が必要なコードはどのような種類か?
  • コードのサイズはどの程度か?
  • コードは何の上に印字されるか?
  • どのような ISO または業界基準を満たす必要があるか?

「検証機」として販売されているすべての製品が ISO に準拠しているわけではありません。当該規格の要件を満たす検証機を選択し、結果を詳しく説明するレポートを生成してください。品質、読みやすさ、業界の規制に対する準拠を保証することを確かめて、オフラインまたはインライン検証機のいずれかを選択してください。

他の投稿

バーコード検証のオフラインとインライン

Offline versus inline barcode verification

製品にバーコードを印刷またはマーキングするメーカーは、多くの場合、バーコード検証機を使用して、サプライチェーン内のバーコードリーダがコードを読み取れるようにしています。検証機は、コードの品質と読みやすさを理解するために重要な国際標準化機構 (ISO) 標準に従ってコードを分析し測定値を生成します。最終的な結果は、評価文字を含む正式な品質グレードとなり、印刷可能またはエクスポート可能なレポートで詳細に表示されます。「合格」評価(通常は「C」グレード以上)を受け取るバーコードは、パフォーマンスと初回通過率の最小許容しきい値を満たしています。別の形式の品質管理に対する検証のメリットは、コードが正しくマークされていること、個々の生産者のしきい値ではなく、業界の品質しきい値を満たしていることを証明できることです。

オフライン検証

現在利用可能なほとんどの検証機はオフラインです。つまり、生産ライン以外で使用されるハンドヘルド モデルまたはデスクトップ モデルです。生産に対応するため、ほとんどの生産者は、バッチ単位でコードのサンプルのみを検証しています。サンプリング基準は、生産者の製品管理の統計要件、ときには顧客の仕様によって決まります。ランダムサンプリングの問題は、バーコードの品質問題がリアルタイムでキャッチされないことが多いことです。サンプルされていないコードは、問題が発見された後の診断検査には使用されません。

オフライン検証機は、コストが安く、手間のかかるセットアッププロセスを必要としないというメリットがあります。さらに、市場には様々なタイプの検証機があり、特定のバーコードサイズやマーキングプロセス専用に作られた検証モデルもあるため、規格外サイズのコや、印字が困難な基板上にマーキングしてある場合でも対応することができます。

DataMan 8072V は、30/45/90 度の照明オプションを備えたオフライン式のハンドヘルド型バーコード検証機で、最も困難なダイレクト パーツ マーク (DPM) コードを取り込んで評価できます。詳細レポートにより、コードが業界基準を満たしているかどうかが判断できます。また、コンプライアンスの実証、印刷やプロセス管理の問題を明らかにするのにも使用されます。

DataMan 8072V ハンドヘルド型検証機 ISO 照明

 
インライン検証

インライン検証機または生産ラインの固定位置に設置されている検証機は、これまで検証プロセスが単純にコードを読み取るよりも時間がかかり過ぎていたため、ほとんどの生産ラインの処理速度に対応できずにいました。最近まで、インライン検証機は一次元線形バーコードのみの検証に限られていました。インライン検証機の開発は容易ではありませんが、いくつかの企業は、二次元コードを含むコードをはるかに速い速度で検証できる製品を開発してきました。

インライン検証機が ISO 規格に準拠するためには、照明は特定の角度でコードから特定の距離にある必要があります。検証機もキャリブレーションする必要があります。これは、検証機のモデル、バーコード手順、生産ラインの複雑性によっては、オフライン検証機よりもセットアップが複雑になる可能性があります。

インライン検証はオフライン検証よりもコストがかかる場合がありますが、作成されたすべてのバーコードに対して品質グレードとレポートが提供されます。つまり、コードの品質と読み取り率の信頼性が高まり、潜在的な問題が少なくなります。また、コードの品質が低下し始めるとすぐに通知を提供し、インクやマーキング針を交換するタイミングなどを推測ではなく行うことができるようになります。

DataMan 475V インラインバーコード検証機は、自動化された高速検証と品質レポートを生産ラインから直接提供します。4 方向、45 度の照明アタッチメントは、一次元および二次元コードをグレード評価するための ISO 要件に準拠しています。即時のフィードバックと画像診断情報により、オペレータは印字とプロセス制御の問題を発生と同時に認識して修正することができます。さらに、詳細レポートを生成して、トレーサビリティ、プロセス制御、コンプライアンスに使用することもできます。

DataMan 475V インラインバーコード検証機によるコード評価

適切なバーコード検証機を選ぶ

インラインまたはオフラインバーコード検証機のどちらが適切かという決断は、いくつかの質問に対する答えから導かれます。

  • 生産ラインにスペースがどのくらいあるか?
  • コードがマーキングされる速さをどの程度か?
  • 検証が必要なコードはどのような種類か?
  • コードのサイズはどの程度か?
  • コードは何の上に印字されるか?
  • どのような ISO または業界基準を満たす必要があるか?

「検証機」として販売されているすべての製品が ISO に準拠しているわけではありません。当該規格の要件を満たす検証機を選択し、結果を詳しく説明するレポートを生成してください。品質、読みやすさ、業界の規制に対する準拠を保証することを確かめて、オフラインまたはインライン検証機のいずれかを選択してください。

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...