ブログ

バーコードの品質管理:検証機が必要?

Verification_Blog Large

ブランドオーナやメーカーから、梱包業者や小売業者まで、産業に携わる人たちがバーコードを使用して、製品を生産から販売地点まで追跡しています。スキャンに失敗すると、生産ラインが遅延し、再印刷、製品廃棄、払戻などの費用がかかる惨事となります。

多くの生産者は、既にプロセス制御指標(PCM)を使用してコードを監視し、バーコードリーダのソフトウェアを使用してデータを検証しています。正しい手順で行ったとしても、これは真の検証ではないため、生産者からサプライチェーンの間で不具合が発生する危険を取り除くことができません。妥当性チェックはコード内のデータのフォーマットのみを確認するため、印字の品質は確認しません。PCM は検証と同じ品質パラメータをテストしますが、結果は照明を含むリーダのセットアップにより異なります。プロセス制御指標は、その性質上、特定のプロセスに合わせて調整されることが多く、標準がないため、一部のパラメータを省略または変更できます。

これは、検証とバーコード検証機の役割について市場の混乱につながっています。その違いは単純で、バーコード検証は、バーコードを評価するためのプロセスです。バーコード検証機は、複数の品質パラメータの測定値に基づいてコードに総合的な評価を割り当てます。このパラメータは、バーコードリーダのコードを特定して解読する機能に影響する要因を測定します。検証機は、ISO 国際規格などの政府基準に基づいて、一次元、二次元、およびダイレクトパーツマーキング (DPM) コードの様々なパラメータをテストします。

バーコード検証機は、生産者の製造工程からコード作成に至るまで、必要な品質基準を満たし、印字品質レポートでコンプライアンスを示すようガイドします。これは、バーコードリーダ、プロセス制御指標、およびデータ検証だけでは実現できないものです。印刷やコード処理、およびコードを受け取る顧客に対して、検証はシンボルが読み取り可能で操作が実行できるという安心と自信を提供します。厳しい規制を定める産業が増える中、バーコード検証により、 契約および産業要件の確実な順守が実現します。したがって、バーコード検証は、サプライチェーン全体でバーコードの完全なスキャン性を確保するために不可欠な品質管理ツールです。

バーコードの印刷品質を追跡および管理する以上の操作が必要な場合は、特にバーコード検証機が必要です。コグネックスは、業界で最も汎用性が高く、高性能の診断ツールである幅広いバーコード検証ソリューションを提供しています。コグネックスの検証機は、独自の高解像度画像処理と高度なアルゴリズムを使用して分析を行い、業界標準に従って明確に報告される一貫性と再現性のある結果を提供します。コグネックスのバーコード検証ソリューションがお客様の業務にどのように役立つかについては、ホワイトペーパー「バーコード検証の基礎」をダウンロードしてください。

他の投稿

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...