ブログ

レーザーマーキングの基本原則と DPM コード品質への影響

Laser Marking Large

レーザーマーキングとは、金属またはプラスチックの表面に永久に高速でマークを刻む非接触の手法です。化学エッチング、インクジェット印刷、ドットピーニングなどの半永久的なマークを適用する方法は他にもありますが、レーザーは非接触で、消耗品を必要とせず、永久的であるため、最も一般的な方法です。レーザーマーキングは、レーザー光と呼ばれる光の集中波長を使用して、表面の特定の領域のコントラストを永久に「マーク」に変えます。最も一般的なマークに、ダイレクトパーツマーク (DPM) バーコードがあります。

レーザーで刻印するバーコードの品質に影響を与える変数は、波長、材料 (または基板)、マーキングタイプ、および速度、パルス周波数、電力などのレーザー設定など様々です。

レーザーの種類、材料の種類、マークの種類、およびレーザー設定の適切な組み合わせを選択することは、そのほとんどが試行錯誤です。変数の組み合わせが読み取り可能なマークになるようにするためには、AIM DPM 規格で評価する検証ツールを使用することが良いとされています。

また、バーコード検証機は、DPM コードが正しくマークされ、特定の業界の品質しきい値に準拠していることを確認するのに役立ちます。バーコードリーダと比較すると、バーコード検証は、様々なタイプのリーダ(携帯式または固定式のカメラやレーザーなど)におけるパフォーマンスの範囲を正規化するため、シンボルの読み取りやすさの測定に適しています。

DM8072V コード

バーコードリーダは、コードを読み取る専用機器であり、バーコード検証機は以下を行う専用機器です。

  • データのフォーマットが正しいか確認する
  • すべてのスキャナでバーコードが読み取れることを確認する
  • バーコードがスキャンできない理由を特定する
  • 工業基準の順守を証明するバーコードの格付けを一覧するレポートを印刷する

信頼性の高いバーコード検証機は、コードのどの部分のスコアが低いかを強調し、バーコードの品質を修正および改善するためにレーザー設定に加える必要がある変更を特定するのにも役立ちます。

バーコードマーキングの重要な原則とコード品質への影響の詳細については、ホワイトペーパーをダウンロードしてください。バーコード検証の初心者ガイド

他の投稿

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...