ブログ

ダイレクトパーツマーキングコードの品質保証

DPM code quality blog banner

ダイレクトパーツマーキング (DPM) は、レーザーまたは化学エッチング、ドットピーニング、またはインクジェット印刷で部品に直接コードを印字するプロセスです。DPM コードは、以下の理由から、一般的に自動車、航空宇宙、エレクトロニクス、医療機器などの業界で使用されています。

  • ラベルベースのバーコードを損傷する過酷な化学物質や油を通過する (自動車のエンジンなど)
  • 規制上または安全上の理由により、ライフサイクル全体を追跡する必要がある (膝の代替手術患者など)
  • 部品が小さいため、ラベル付けが困難である (スマートフォンコンポーネントなど)

DPM コードの部品を追跡トレースする機能により、偽造を最小限に抑え、品質を保証し、米国食品医薬品局 (FDA) の機器固有識別子 (UDI)、医療機器向けの欧州医療機器規則と欧州体外診断用医療機器規則 (MDR/IVDR) など、さまざまな規制要件に準拠できます。

医療機器の DPM コード
 
DPM コードはラベルのように再印刷できない

ダイレクトパーツマーキング方法は、低コントラスト、セル位置の不良、またはセルサイズの不一致などのコードが作られる傾向があります。さらに、印字される表面は、マット仕上げ、鋳造、または反射性が高く、ラベルとしてほとんどがクリーンで均一です。表面は、滑らか、光沢がある、縞模様、粗い、または粒状などさまざまです。したがって、DPM コードの検証方法には、あらゆる条件下において高い信頼性と、一貫性が求められます。DPM コードが読み取れないと重大な問題となり、部品を完全に廃棄する必要が生じるか、安全リコールの問題が発生する可能性があります。

バーコード検証で DPM コードの品質を確保

バーコード検証は、DPM コードの品質を確実に判断するために使用されます。検証はバーコード追跡システムの重要な部分であり、既定の具体的な基準に基づいた品質グレードを生成できるようキャリブレーションされたバーコード検証機が必要です。バーコード自体が準拠しているかどうか、正しいデータ構造になっているかを確認し、さらにはマークの品質を検証します。このグレードは、初期のスキャンポイントのみでなく、コードがライフサイクル全体でどの程度読み取れるかを予測するものです。

部品メーカーは、DPM コードの読み取りに機器を使用する顧客と後続のユーザー、および読み取りが行われる条件を制御できません。したがって、マークは最高のコントラストと一貫性を持ち、可能な限り最高の品質である必要があります。

ISO/IEC TR 29158 (AIM DPM) 国際規格では、バーコード検証機は、さまざまな関連する変数を特定することが求められ、それらを分析してバーコードの読み取りに失敗する原因にどの程度の影響があるかを判断する能力が必要です。これは、さまざまな条件に対して各種スキャナを使用し、スキャンの成功を予測するために使用されます。

検証機は、各セルのサイズと位置、全体的なジオメトリ、損傷、およびコントラストをチェックする必要があります。照明の種類と品質は DPM コードの検証に大きな影響を与えます。規格では、45度角度の照明とドーム照明に加えて、30度および90度の照明角度が可能です。30度および90度の照明が可能なことにより、湾曲または反射性の表面にあるシンボルに光をあてることが可能になります。コードの画像を取り込んで分析し、検証のグレードを割り当てる必要があります。

DPM コードの検証用照明タイプ
 
検証プロセスが完了し、正式な成績が生成されると、次のステップは、どのパラメータが評価を下げる原因となっているかを確認します。ISO 29158 の品質パラメータと共通のソリューションについては、「バーコード検証機の結果についてホワイトペーパー」をダウンロードしてください。

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...