ブログ

バーコード検証機キャリブレーションに関する FAQ

Barcode Verifier Calibration FAQ

国際標準化機構 (ISO) の規格準拠するためには、バーコード検証機のキャリブレーションが必要です。検証機のキャリブレーションに関する一般的な質問を以下に紹介します。

キャリブレーションとは何ですか?

キャリブレーションとは、カメラの測定を実際の反射率レベルに割り当てて、ソフトウェアの反射率レベルを検証するためのベースラインを確立するプロセスです。キャリブレーションプロセスでは、反射率レベルを調整し、これらのレベルをチェックして、最も正確な検証結果を確認します。ISO 準拠にするには、検証機をキャリブレーションする必要があります。

適合キャリブレーションカードとは何ですか?

適合キャリブレーションカードは、検証機を適切にキャリブレーションする、業界で広く使用されているツールです。カードには、検証機のレポート機能を確認し、ISO/IEC 15415、ISO/IEC 15416、および GS1 仕様などの産業基準の順守を文書化するのに使用される意図的に不具合を含んだ「確認用テストシンボル」が記録されています。これらのカードは、検証機が正常に動作していることを再確認する簡単な方法として使用できるため、一部の企業は品質管理プロセスでの使用を義務付けている場合があります。一部の業界では、アプリケーション標準で適合性テストシンボルを持つカードを使用する必要があります。

キャリブレーションカード

キャリブレーションに使用されるシンボルは重要ですか?

キャリブレーションのシンボルは決まっていません。いずれかのタイプのキャリブレーションターゲットを使用して検証方法を校正すると、一次元と二次元の両方のバーコードに対して検証方法が調整されます。

ISO/IEC TR 29158 (AIM DPM) グレーディング規格の適合性試験はありますか?

ISO/IEC TR 29158 規格に対する DPM 専用のキャリブレーションカードはありません。データマトリックス適合性テストカードは使用できますが、ISO 29158 規格で使用される画像調整のため、コントラスト値がカードの値と完全に一致することはありません。ISO 29158 グレーディング規格でのテストは、正しい動作を確認することができますが、適合カードに表示されるものとは異なる結果が得られます。検証機は、ISO 15415 規格でテストすることをお勧めします。

キャリブレーション結果はどこで確認できますか?

通常のコードと同じテスト シンボルを検証して、検証機が正しい Rmin/Rmax (RL と RD というラベルが付いた場合もある) 値を返していることを確認します。コグネックス検証製品の検証ソフトウェアでは、検証ソフトウェアおよびレポートの [品質詳細] セクションの [シンボルコントラスト] の横に、RminとRmaxの値が表示されます。これらの値は、カードに表示される値(許容範囲内)と一致する必要があります。

検証機のキャリブレーションはどのくらいの頻度で行いますか?

バーコード検証機を調整する頻度については、各企業の方針によって異なります。コグネックスは、周囲の照明や温度などの環境の変化を考慮して、30日ごとにキャリブレーションを行うことをお勧めします。

どのくらいの頻度でキャリブレーションカードを交換する必要がありますか?

キャリブレーションカードは発行日より2年間有効です。カードを使用しないときは、必ずほこりや直射日光のない安全な場所に保管してください。

バーコード検証に関する他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...