ブログ

バーコード検証で物流の運用効率を高める

Inline barcode verifier with boxes and verified barcodes

物流の読み取り率に関して言えば、半分低下することで収益に劇的な影響を与える可能性があります。高性能バーコードリーダは100%近い読み取り率を達成できます。では、コードが最初に正しく印刷されていない場合、優れたバーコードリーダは何が優れていますか?コードの品質と強力なリーダ機能の組み合わせが必要です。ニーズに合わせて正しいコード品質のソリューションを選ぶことは容易ではありません。検証、認証、ISO 標準などの用語や並べればきりがない 15416、15415、15426、16022 などは、多くの場合、すべてに対応しきれません。それらは何を意味し、それらのすべてに従う必要があるのでしょうか?

バーコード検証が重要である理由は何でしょうか?

バーコード検証機は、米国規格協会 (ANSI)、国際標準化機構 (ISO)、GS1 などの業界グループ、医療業界通信協議会 (HIBCC) などの国際機関が作成した業界標準で定義された品質パラメータに従って一次元および二次元バーコードをグレード評価します。これらの規格は、バーコードプリンターとスキャンシステム間の相互性を確保することで、業界および個人の両方が、その目的が生産側であるか処理側であるかに関わらず、確実にシンボルを印刷およびスキャンできるようにするものです。

バーコード検証は、生成されたコードがどこでもあらゆるリーダで読み取れることを確認するのに役立ちます。これは、バーコードを格付けする唯一の方法であり、マーキングエラーを診断して修復する最も信頼性の高い方法です。

オンデマンドウェビナー:「物流アプリケーション向けのコード品質とバーコード検証」を見る

バーコードリーダを使用してコード品質を確認できますか?

この質問は頻繁に聞かれます。勿論、バーコードリーダを使用してコードを読み取れるかどうかをテストできます。ただし、この演習で学習するのは、リーダがコードを解読できるということです。サプライチェーンの物流では、時と場所を選ばす、あらゆるリーダでコードが読み取れることが重要です。コードが読み取れなければ、バーコード スキャナでコード以外の情報をデコードできません。業界によって、数多くのパラメータを含むコード基準が定められています。読めないコードから情報が取得できないと、問題の解決方法の模索に時間がかかります。

バーコードリーダは、コードを読み取り、バーコード検証機は、読み取ったコードの印字が正しいか、(個別の生産者ではなく)業界の品質しきい値を満たしているかを確認します。バーコードリーダと比較すると、バーコード検証は、様々なタイプのリーダ(携帯式または固定式のカメラやレーザーなど)におけるパフォーマンスの範囲を正規化するため、シンボルの読み取りやすさの測定に適しています。検証機は、国際基準に基づく正式なパラメータを分析してレポートします。

バーコード検証プロセスとは何ですか?

バーコード検証は、バーコードの品質を評価するプロセスであり、コードの画像を取り込んで分析することによって行われます。一次元、二次元、ダイレクト パーク マーク (DPM) などの各バーコードタイプには、分析される ISO などの管理規格に基づく複数の異なるパラメータがあります。各パラメータの結果がグレード評価され、その後、全体的なグレードが決定されます。

ゲームを含む画像、自動的に生成された説明

検証機のソフトウェアがグレードを計算した後、印刷またはエクスポート可能な要約レポートが生成されます。企業はこのレポートにより、バーコードを読み取り可能であり、業界標準に適合していることを証明できます。コンプライアンスに関する監査用レポートを生成するのみでなく、どのコードのパラメータに不具合や低スコアがあるかをオペレータに伝えることで、印刷または刻印プロセスを完成させるのにも役立ちます。

検証機には何が必要ですか?

バーコードを検証すると主張する製品が市場にたくさんあります。ただし、検証機の技術的な定義を満たすには、その装置と付属するアプリケーションがバーコード検証機の ISO 規格 (15426-1 および 15426-2) に一覧される要件を満たしている必要があります。さらに、以下が求められています。

  • 装置にキャリブレーション手順/ルーチンが内蔵されている
  • ISO 29158 (AIM DPM)、ISO 15415、または ISO 15416 規格で配置されたすべての照明位置を厳密にサポートする
  • グレードと光学的な条件(照明角度、光波長、開口サイズなど)を含めた条件を満たすコードのレポートを生成する
  • コード内のデータが正しく書式設定されていることを検証する
  • 再現性のある結果を生成する

適切なバーコード品質の ISO 規格を選択するには?

バーコードに関する ISO規格はたくさんあります。ほとんどがコードの生成とデコードの方法に関するものであり、バーコードの品質を評価する標準は3つだけです。バーコードのタイプで、どの規格が適しているかが決まります。各規格で品質パラメータと要件が異なります。
  • ラベルに印刷される一次元コードの場合は、ISO/IEC 15416 を使用します。
  • ラベルに印刷される二次元コードの場合は、ISO/IEC 15415 を使用します。
  • DPM アプリケーションの場合は、ISO/IEC 15415 の拡張機能である ISO/IEC TR 29158 を使用し、AIM DPM 規格に置き換えます。

物流アプリケーションではどの検証方法を使用しますか?

物流業界では、さまざまなアプリケーションと流通センター (DC) のさまざまな領域でコード検証のメリットが活用されています。コグネックスには、さまざまなアプリケーション要件を満たす幅広いバーコード検証機が揃っています。

位置/アプリケーション コグネックスのソリューション: 説明
大きさが同じ箱またはトートを扱う印刷/塗布ステーションまたはサイドリーダ DataMan 475V 80 mm 幅の視野 (FOV) を備えたインライン ISO 準拠の検証機
ジャックポットや病院のレーン、段ボールに大きなコードが使用されている場所 Webscan TruCheck Omni 150 mm 幅の視野 (FOV) を備えたオフラインの ISO 準拠の検証機

ISO 準拠の検証機は、焦点距離が固定され、特定の照明角度が定められているため、検証アプリケーションの一部を解決できない制限がいくつかあります。

DataMan 475V データシートをダウンロード

ISO に準拠していないが、信頼性の高いコード品質のソフトウェアはありますか?

多くの業界では、サプライチェーンを通じた商品のラベル表示と追跡の要件として、ISO バーコード規格への準拠が求められているため、非準拠は罰金やチャージバックにつながる可能性があります。しかし、多くの業界ではバーコード規格の規制が低い場合がありますが、効率を維持し、手作業やラベル付けのやり直しに伴うコストを削減するためにもバーコードの品質は重要です。

規格に準じたグレード評価 (SBG) 機能キーを導入します。

SBG を使用すると、照明や焦点距離固定の制限なしに、ISO 準拠の検証と同じ新来世の高いソフトウェアアルゴリズムとユーザーインターフェイスにアクセスできます。SBG は、DataMan 374、375、474、または 475 固定式バーコードリーダでアクティブ化できるソフトウェア機能キーです。

つまり、リキッドレンズオプションを利用して、視野と焦点深度を拡大することができます。また、アプリケーションに対して、パーソナライズされた照明を追加することもできます。ISO に準拠していないものの、SBG は次に最善の検証手段を提供します。

このオプションを使用すると、特定のアプリケーションニーズに対応する柔軟性を確保し、同じ偉大な診断ツール、再現性、信頼性の高いコード品質のグレードを維持しながら、確実な検証アルゴリズムを引き続き校正して活用することができます。

オンデマンドウェビナー:「物流アプリケーション向けのコード品質とバーコード検証」を見る

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...