ブログ

悪質バーコードがもたらす費用

Poor quality barcodes

小売店のレジで、バーコードを何度かスキャンしようとした後、読み取れずに手入力する場面を目撃したことはありませんか。今現在、製造や物流業界で、悪質バーコードによって生産ラインや受信トンネルが停止するとどうなるかを想像してみてください。製品や出荷がバーコードに依存している場合は、バーコード品質に関わる直接および間接的な費用が発生しないようにする必要があります。それはどのように実現できるでしょうか?バーコード検証機で実現できます。

ダウンタイム

バーコードがスキャンされないのには、低コントラスト、歪み、クワイエットゾーン違反、印刷の品質など、様々な理由があります。コードがスキャンされなければ、生産が停止し、スループットの低下や手作業による修正などによって数千ドルの費用がかかる可能性があります。バーコード検証機は、以下のような複数の品質パラメータに基づいてバーコードに総合的な評価を割り当てます。

  • シンボルのコントラスト
  • 変調
  • パターンの損傷
  • 解読しやすさ

検証結果を監視することにより、品質が低下し始めるとコードの問題を特定して即座に適切な対策を講じてダウンタイムを予防または阻止することができます。

チャージバックと出荷拒否

チャージバックとは、ウォルマート、アマゾン、ターゲットなどの小売業者が小売業者の要件を遵守していない場合に発行される罰金または金銭的なペナルティです。ラベルの位置が不適切、またはスキャンできない場合、ラベル付けのやり直し、または小売業者による完全な出荷拒否にかかる費用を回収するためにチャージバックが発行されます。このような罰金は、サプライヤー全体の収益の10%以上を占める場合があります。バーコード検証機は、出荷される前に、製品および出荷のコードがサプライチェーンで使用されているバーコードスキャナーで読み取ることができるようにします。必要に応じて、検証ソフトウェアでバーコード品質を証明する品質レポートを提供できます。

製品の安全性

食品飲料、医療機器、自動車など、製品の安全性を懸念する多くの業界では、バーコードを使用して品目の追跡/トレースを行い、業界グループの品質基準ガイドラインを満たす必要があります。たとえば、米国食品医薬品局 (FDA) は、すべての医療機器に固有のデバイス識別子 (UDI) を含めるよう義務付けています。UDI は、特定の情報を含むバーコードです。この規制では、すべての医療機器に GS1 または HIBCC 規則に従って評価されたバーコードラベルを貼るよう定めています。これらの業界のバーコードは、製品の安全性のリコールの場合に重要です。バーコード検証機とソフトウェアは、コード品質パラメータをレポートし、データを検証して、業界グループの品質基準の遵守、製品のトレーサビリティを確保します。

評価

バーコードの品質が低いと、会社の評判に影響を与える可能性があります。悪質バーコードによって出荷遅延が繰り返し発生したり、規格の非準拠、あるいは安全な製品の追跡ができない場合に、取引を完全に停止する可能性があります。既にプロセス制御指標(PCM)とバーコードリーダのデータ検証ソフトウェアを使用してコードの品質を監視しているかもしれませんが、正しい手順で行ったとしても、それが真の検証でないと、生産者からサプライチェーンの間で不具合が発生する危険を取り除くことはできません。妥当性チェックはコード内のデータのフォーマットのみを確認するため、印字の品質は確認しません。PCM は検証と同じ品質パラメータをテストしますが、結果は各リーダの設定で異なり、リーダでコードが読み取れることが確認できるだけで、サプライチェーン全体で読み取れるかを確認することはできません。バーコード検証機は、バーコードの品質を保証する唯一の効果的な方法です。

プロセスにバーコード検証機を実装することで、ダウンタイムの防止、チャージバックの削減、製品の安全性の確保、評判の維持に役立ちます。バーコードの品質の詳細については、無料のオンデマンドウェビナー:バーコード検証結果についてをご覧ください。

他の投稿

悪質バーコードがもたらす費用

Poor quality barcodes

小売店のレジで、バーコードを何度かスキャンしようとした後、読み取れずに手入力する場面を目撃したことはありませんか。今現在、製造や物流業界で、悪質バーコードによって生産ラインや受信トンネルが停止するとどうなるかを想像してみてください。製品や出荷がバーコードに依存している場合は、バーコード品質に関わる直接および間接的な費用が発生しないようにする必要があります。それはどのように実現できるでしょうか?バーコード検証機で実現できます。

ダウンタイム

バーコードがスキャンされないのには、低コントラスト、歪み、クワイエットゾーン違反、印刷の品質など、様々な理由があります。コードがスキャンされなければ、生産が停止し、スループットの低下や手作業による修正などによって数千ドルの費用がかかる可能性があります。バーコード検証機は、以下のような複数の品質パラメータに基づいてバーコードに総合的な評価を割り当てます。

  • シンボルのコントラスト
  • 変調
  • パターンの損傷
  • 解読しやすさ

検証結果を監視することにより、品質が低下し始めるとコードの問題を特定して即座に適切な対策を講じてダウンタイムを予防または阻止することができます。

チャージバックと出荷拒否

チャージバックとは、ウォルマート、アマゾン、ターゲットなどの小売業者が小売業者の要件を遵守していない場合に発行される罰金または金銭的なペナルティです。ラベルの位置が不適切、またはスキャンできない場合、ラベル付けのやり直し、または小売業者による完全な出荷拒否にかかる費用を回収するためにチャージバックが発行されます。このような罰金は、サプライヤー全体の収益の10%以上を占める場合があります。バーコード検証機は、出荷される前に、製品および出荷のコードがサプライチェーンで使用されているバーコードスキャナーで読み取ることができるようにします。必要に応じて、検証ソフトウェアでバーコード品質を証明する品質レポートを提供できます。

製品の安全性

食品飲料、医療機器、自動車など、製品の安全性を懸念する多くの業界では、バーコードを使用して品目の追跡/トレースを行い、業界グループの品質基準ガイドラインを満たす必要があります。たとえば、米国食品医薬品局 (FDA) は、すべての医療機器に固有のデバイス識別子 (UDI) を含めるよう義務付けています。UDI は、特定の情報を含むバーコードです。この規制では、すべての医療機器に GS1 または HIBCC 規則に従って評価されたバーコードラベルを貼るよう定めています。これらの業界のバーコードは、製品の安全性のリコールの場合に重要です。バーコード検証機とソフトウェアは、コード品質パラメータをレポートし、データを検証して、業界グループの品質基準の遵守、製品のトレーサビリティを確保します。

評価

バーコードの品質が低いと、会社の評判に影響を与える可能性があります。悪質バーコードによって出荷遅延が繰り返し発生したり、規格の非準拠、あるいは安全な製品の追跡ができない場合に、取引を完全に停止する可能性があります。既にプロセス制御指標(PCM)とバーコードリーダのデータ検証ソフトウェアを使用してコードの品質を監視しているかもしれませんが、正しい手順で行ったとしても、それが真の検証でないと、生産者からサプライチェーンの間で不具合が発生する危険を取り除くことはできません。妥当性チェックはコード内のデータのフォーマットのみを確認するため、印字の品質は確認しません。PCM は検証と同じ品質パラメータをテストしますが、結果は各リーダの設定で異なり、リーダでコードが読み取れることが確認できるだけで、サプライチェーン全体で読み取れるかを確認することはできません。バーコード検証機は、バーコードの品質を保証する唯一の効果的な方法です。

プロセスにバーコード検証機を実装することで、ダウンタイムの防止、チャージバックの削減、製品の安全性の確保、評判の維持に役立ちます。バーコードの品質の詳細については、無料のオンデマンドウェビナー:バーコード検証結果についてをご覧ください。

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...