ブログ

バーコード検証におけるアプリケーション規格

Medical devices, label, automotive parts

バーコード検証は、一次元、二次元、ダイレクトパーツマーキング (DPM) コードの品質を指定された規格に対して判断するプロセスです。多くの生産者は、既にプロセス制御指標(PCM)とバーコードリーダのデータ検証ソフトウェアを使用してコードの品質を監視しています。正しい手順で行ったとしても、これは真の検証ではないため、後のサプライチェーンで不具合が発生する危険を取り除くことはできません。これを防ぐため、一部の業界団体は、メーカーによるバーコードのマーキングにおけるルール順守を管理するアプリケーション規格を作成しています。 

アプリケーション規格では以下が定めます。 

  • 許容されるシンボルの種類 
  • 対象となる ISO 基準 
  • 許容される最低グレード 
  • 必要な絞り、x寸法範囲、照明角度 
  • バーコードに収納されるデータの形式

医療機器の UDI 

FDA は、2020 年までに、すべての医療機器で機器固有識別子 (UDI) を使用するよう義務付けています。UDI は、FDA がすべての医療機器に義務付けている特定の情報を保有するバーコードです。この規制では、すべての医療機器に GS1 または HIBCC 規則に従って評価されたバーコードラベルを貼り、製品のロット番号、シリアル番号、有効期限(該当する場合)を一覧するよう定めています。さらに、FDA は、各 UDI バーコードの一部の情報を FDA の グローバル機器固有識別子 (GUDID) に提出するよう定めています。必要な情報は、医療機器のタイプで異なります。

小売流通および店舗販売における GS1 

小売、輸送、食品サービスのバーコードは、各産業のバーコード品質を管理する GS1 が提供する規格を使用しています。グローバルメーカーは、GS1 に登録して個別の GTIN 番号を取得して、同じデータを含む同じシンボルが製品に重複して使用されないようにする必要があります。メーカーは、GS1 規格のデータフォーマットに従い、要求される印字品質を満たなければなりません。 

国防総省用 UID (MIL-STD-130) 

米国防総省に販売されたアイテムは、米国政府による中央登録所の購入品詳細、メンテナンスロゴ、使用不能日の追跡を支援するアプリケーション規格 MIL-STD-130 に順守してマーキングされた機器固有識別子 (UID) を使用しなければなりません。MIL-STD-130 データマトリックスコードは、確実な読み取り(印字品質)とデータフォーマット要件の両方を満たしている必要があります。印字品質要件は、ISO 15415、AS9132、またはAIM DPM に従った測定で満たすことができます。このデータは、ISO 15434 に順守してフォーマットされる必要があります。 

自動車 

オートモーティブ・インダストリー・アクション・グループ (AIAG) は、バーコードの自動車産業標準を開発するために、1981年にバーコードプロジェクトチームを設立しました。それ以来、バーコードは自動車産業のサプライチェーン基準に役立ってきました。1984年、AIAG は Code 39 英数字シンボルを採用し、業界初のバーコード規格:バーコードシンボル (B-1) と出荷/部品識別ラベル (B-3) を発表しました。 

バーコードプロジェクトチームの最初の設立以来、自動車産業のサプライヤーに対する他のガイドラインも作成されました。 これには、業界全体および企業固有のイニシアチブが含まれます。業界標準の 2 つを以下に示します。 

  • GM 1724 は、ゼネラルモーターズ (General Motors) 社のグローバルラベル仕様です
  • AIAG B-17は、自動車産業における二次元ダイレクトパーツマーキングの指針です。このガイドラインでは、バーコードの品質の検証に、AIM DPM 規格を採用しています。  

航空宇宙 

航空宇宙産業では、さまざまなシンボル、マーキング方法、およびアプリケーション規格を採用しています。ラベル システムは、固有の固体の識別、在庫移動、および制御において、データマトリックス コードを含む、線形一次元シンボルと二次元シンボルの両方を使用します。ほとんどの場合、プラスチック、アルミニウム、セラミック、スチール製の機械部品は、ドットピーン、レーザー、化学エッチングなどのマーキング法で直接刻印されています。 

ラベルと銘板の線形バーコード (ATA Spec 2000 のコード128、コード39) は、ISO-15416 品質仕様に従って評価されます。ATA Spec 2000 と DOD MIL-STD-130 の両方で参照されるデータマトリックスバーコードは、すべての検証システム、特に DPM モデルを使用して検証できます。その他にも AS9132 規格が一般的で、これは特に航空宇宙産業がドットピーン DPM マークの仕様を採用しています。  

バーコード検証機とソフトウェアは、二次元コード品質パラメータをレポートし、データの ISO およびアプリケーション規格の順守を検証します。アプリケーション規格および検証の詳細については、「バーコード検証の基礎ガイド」をご覧ください。

他の投稿

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...