投資効果

投資効果:不良品撲滅

概要

グローバルな製造メーカーにとって、不良品の発生は絶対にあってはならないことです。製造ライン工程での不良をなくすことを目的にマシンビジョンを採用することで、当社の多くのお客様が、スクラップや資本コストを減らし、製品のリコールを最小限に押さえ、顧客満足度を上げることに成功しています。それらの個々の現象が利益のプラス要因として貢献しています。

廃品削減

瓶詰め - 出費がかさむ前に不良品をなくす - 非常に狭い範囲で量不足や入れ過ぎなどの充填レベルの許容量は管理されています。米国の大手飲料メーカーは、1 分間に 375 本の割合で検査しています。適量に充填されていない、またはキャップが適切に嵌められていないボトルは不良品として排除されなければなりません。この生産ラインに In-Sight 2000 を使用することで、不良品が即座に取り除かれます。不良品が顧客に届く前に排除することで生産率を維持し、コスト効率を達成します。

充填不足のボトルをなくすことで年間に節約できる費用は、1 日に数百ドルと推定され、1 年間で 10 万ドル以上にもなります。返品にかかる費用と顧客の苦情への対応にかかる費用の削減から来る節約分を合わせると、175,000 ドル以上になり、ビジョンシステムへの投資は利益にプラスの効果を与えています。
低減予想額: $ 175,000

コスト低減実現の試算を >

不良品を削減してコスト節約

出荷前に不良品を発見 – 食品飲料品業界においてビジョンベースの光学式文字照合(OCV)は、ラベルや賞味期限を確認するために必要不可欠です。OCR/OCV を使用することで、販売店に納品される前に不良品が判別され、生産ラインから排除することが可能になります。アジアの大手食品メーカーでは、食料品に印刷された文字を照合するために In-Sight OCV リーダを導入して、流通の精度を高めています。生産工程で製品を完全に追跡することで、誤った不良判別による排除や費用のかかるリコールを回避できます。これは、公共の食品業界のサプライヤーにとって極めて重要なことです。

過去の製品リコールの費用は、1 日数百ドルでした。その費用を削減することで、会社は年間に数千ドルを節約することができ、数ヶ月でビジョンシステムへの投資の効果が得られました。
低減予想額: $ 50,000

コスト低減実現の試算を >

不良品の生産は費用がかかる

チョコレートは形が大切 - あるビスケットメーカーは 1 分間に 400 個製造される生産ライン上で不良のパッケージを検出し、排除する必要がありました。このスピードでは、不良品の生産がたった数秒ラインで行われただけで数ダースの不良品が生みだされます。これでは、生産工程に大きな悪影響を与えてしまいます。


このような不良品は、1 日で数百ドルの損失になり、年間にするとかなりの損失金額になります。ビジョンシステム導入における投資金額はたったの 3 ヶ月で回収されています。
低減予想額: $ 20, 000

コスト低減実現の試算を >

ポカヨケで速い回収

無駄のない製造工程 - In-Sight 2000 は、梱包段階でボトル容器の数を確認するために使用されています。柔軟性のない複数のセンサを使う代わりに、このボトラー会社は In-Sight 2000 を使用してその工程全体で確実に検査を実施することができました。複数の光電センサをたった 1 台の In-Sight 2000 に交換することで、この会社は確実にコスト削減を果たすことができます。これは、生産中にポカヨケを行い無駄のない製造工程を必要とする中小企業にとって非常に重要なことです。

低減予想額: $ 6,000

コスト低減実現の試算を >

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ