お客様の事例

コグネックスの画像ベースのバーコード読み取り技術で DVD 返却プロセスを自動化

Netflix using cognex dataman for DVD return inspections

関連製品

370 barcode reader held by hand

固定式バーコードリーダ

レーザースキャナの使いやすさと価格を実現した画像ベースバーコードリーダ

Netflix で最も費用がかかっていたプロセスは返却 DVD の処理でした。手作業で郵便バッグを開け、中のディスクを取り出し、各タイトルを確認し、ディスクの状態を確認し、ディスクをきれいにしてからシステムスキャンを実行するには多くの人員が必要でした。生産性を高め、人件費を削減するため、Netflix は、自動化を専門とする世界中の大手企業に顧客の返却プロセスを簡素化する方法の提案を求めました。7社に相談し、2社を試作品の開発と構築に選択し、カリフォルニアで4週間の性能試験を実施して競い合わせました。

アイルランドのウィックローに本社を構える自動化ソリューションを専門とする Bronway Automation 社は、試作品の開発を任された1社でした。同社は、Netflix のカリフォルニアの物流拠点向けに ARRM3600 (Automated Rental Return Machine: 自動レンタル返却マシン) を設計開発し、設置しました。集中試験期間では、試作機を本番環境で稼働し、Bronway は優れた性能を実証するとともに、180 ユニットの受注を獲得しました。
ARRM3600 ユニットは、米国全土に42箇所の Netflix 物流センターに直接設置されました。納品と設置スケジュールは厳しく、1台が 6,500 以上の部品で構成されるマシンを毎週6台設置し、設置前に厳密なテストと検証まで行うことが要求されました。この厳しいスケジュールにも関わらず、すべての設置は予定通り行われました。Bronway は、Netflixの稼働開始日を一日もずらす事なく、製造プログラム全体を完了しました。

画像処理テクノロジが差をつける

レンタル返却プロセスに必要なすべての検査および検証チェックを引き継ぐため、ARRM ユニットは、コグネックスの高度なDataMan® バーコードリーダ を活用して、封筒、スリーブ、DVD ディスクのバーコードを読み取り、Bronway ARRM を経由して中央サーバーに送信し、プロセス全体のトレーサビリティー確保を実現しました。各 ARRM ユニットには、ステーションの各所に合計 9 台の DataMan 100 コードリーダが設置され、毎時約 3,600 件のバーコードの読み取りと検査を実施しました。

Bronway Automation の統括マネージャである James Frost は、「コグネックスとDataMan バーコードリーダは、Netflix のディスクハブ上のバーコードをあらゆる角度から読み取り、読み取ったバーコードで Netflix スリーブの向きを判断するというソリューションを提供することができます。1台のユニットで両方の機能を提供している企業は他にありません。コグネックスと相談の結果、1,620 台の DataMan が必要であることが決まりましたが、DataMan が Bronway にとって、技術面でも、業績面でも最適の選択であったことを再確認しました」と語っています。

DVDレンタルの返却プロセス

返却プロセスでは、まず、Netflix 宛ての郵便物が2台の回転式棚に投入されます。郵便物は回転しながら次のステーションに送られ、そこで荷物の厚さ(ディスクなし、ディスク1枚、ディスク2枚など)が確認されます。ディスク1枚の場合、DataMan を回転プレートの上に置き、上向きに置かれた郵便物の外側のバーコードを読み取ります。2台目の DataMan を回転プレートの下に置き、下向きになっている郵便物のバーコードを読み取ります。

次のステップでは、郵便物を切り開き、回転させて次のステーションに移動し、封筒の切れ端を取り除きます。スリーブを取り出したら、DataMan がバーコードの位置を確認してスリーブの向きを判断し、ディスクをスリーブから取り出せるようにします。スリーブの向き(上向きで4方向、下向きで4方向の8方向の内のひとつ)が決まったら、読み取りステーションに設置された4台(上に2台、下に2台)の DataMan を使ってバーコードを読み取り、向きを決定します。バーコードを検知したら、データとロケーションを ARRM に報告します。こうしてスリーブの向きが決まり、ディスクをスリーブから取り出せるようスリーブの口の向きを直します。

Netflix の DVD には、ドーナッツ型のバーコードラベルがディスク表面の中央の穴の周りに貼られています。このラベルは、「ハブリングラベル」と呼ばれています。ディスクをスリーブから取り出したときに、このバーコードがスキャンされます。この読み取りステーションでは、ディスクは、2方向(上向き、下向き)のいずれかです。ここでは、設置されている 2台(下向き、上向き)の DataMan バーコードリーダでハブリングラベルのバーコードを読み取ります。ハブリングラベルの向きは、特定されていないため、カメラはその位置に関係なく読み取ります。ディスクの向きは、DataMan が読み取ったバーコードで判別します。ディスクの向きは、次の洗浄および表面スキャニングに必要となる場合にのみ直されます。表面スキャン検査をパスすると、ディスクは元のスリーブに戻されます。

9番目の DataMan は、スリーブのバーコードを読み取り、そのデータに基づいて ARRM3600 が適切な保管場所を割り当てます。

ARRM ユニットの提供に加えて、Bronway では、全米の Netflix オペレータ、テクニシャン、エンジニアを対象とした総合トレーニングプログラムも実施しています。

Netflix 社のオペレーションサポート担当ディレクタである Paul Johnson は、「稼働を開始してから、このプロジェクトはあらゆる分野で私たちの期待以上の成果をもたらしてくれました。ディスクが正しくスリーブに入れられているかをチェックする工程が自動化されたことにより、顧客満足度が目に見えて大幅に向上しました。DataMan の信頼性は素晴らしく、たとえバーコードリーダの問題(根本的な問題は USB ハブであった)が発生した場合でも、コグネックスは速やかにエンジニアを派遣して、Bronway の担当者と共に現場で問題解決に取り組んでくれました」と、語っています。

Netflix 社のオペレーションエンジニアの元副社長である John Voris は、Bronway のプロジェクトについて、「間違いなく私がこれまで経験した中で最も難しいプロジェクトであったにも関わらず、スケジュールを遅らせることなく、期待するパフォーマンスを実現してくれた」と語っています。

Netflix 社の元サービス&オペレーション主任である Andy Rendich は、「Bronway のおかげで、優れた技術を取り入れ、素晴らしいパートナーシップが築かれ、高性能の自動化が実現した」と語っています。

Bronway の管理部長である Martin O’Malley は、コグネックスのバーコード読み取り技術を選んだことに対して、「プロジェクトの成功には欠かせませんでした。あらゆる画像処理サプライヤに対して徹底した調査と検討が行われましたが、コグネックスの画像処理システムとその完成した技術が、この壮大で技術的に複雑なプロジェクトをサポートしました。これらの理由によりコグネックスを選定し、技術的な問題が発生しても、コグネックスへの信頼が裏切られることはありませんでした。コグネックスは原因究明のために(カリフォルニアの現地で) Bronway のエンジニアと協力し、問題を完全に理解した上で徹底した対処を講じ、問題が再発しないよう DataMan バーコードリーダのドライバーソフトウェアを新しいバージョンに更新しました。コグネックスは、Bronway が信頼できるパートナーであり、今後のプロジェクトでも積極的に協力していきたいと思っています」と語っています。

Related Customer Stories

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...