お客様の事例

自動品質検査システム

BIC_PHOTO

関連製品

2D Machine Vision Systems Insight 7000 and hand holding In-Sight 9000

In-Sight ® 画像処理システムは

検査、識別、位置決めする能力に非常に優れています。

固定式バーコードリーダ

レーザースキャナの使いやすさと価格を実現した画像ベースバーコードリーダ

ビジョン検査で「質での勝負」に出るBIC NEW ZEALAND社

ニュージーランドの輸出製造業各社がNZドル高に苦しむ中、あえてオートメーション技術への投資を行い、生産性を高めつつ、製造コストを削減しようとしている企業もあります。

製造および流通事業を世界中で展開しているBIC社の子会社の1つであるBIC NZは、NZ国内向けのペン製品の製造だけでなく、メキシコ、チリ、オーストラリア、カナダ、および米国への輸出も行っています。BICでは、マシンビジョン・システムへの投資を行うことで、不良品を減らし、生産能力を高め、そして最も重要なこととして、「質で勝負」することによって競争上の優位性を獲得しようとしています。

BIC NZの製造マネージャであるBernie Jamieson氏は、次のように説明します。「小規模な工場である当社は、海外工場と比較した場合、経済規模の点で不利であることが悩みでした。以前にもマシンビジョン・システム技術の導入を検討したことはあったのですが、今回、投資に見合うレベルのコストパフォーマンスとなったため、導入を決定しました。」

BIC NZが社内で開発したフェルトペンの組み立てマシンは、毎年1500万本のペンを製造しています。このマシンは、歩留まりには優れていますが、挿入時にペン先が割れてしまったり、部品が正しく供給されなかったりといった不具合がときどき発生します。

BICではオペレータの手作業によって品質管理を行っていましたが、生産スピードが速いため、オペレータは非常に忙しくなります。これでは一貫した製品品質を保つことは難しく、ほとんど不可能に近い状態でした。
BICは、ControlVisionを導入し、検査を自動化しました。このシステムは、2台のCognex In-Sight 5100ビジョンセンサを搭載しており、それぞれペン先とエンドプラグを検査します。また、画像処理には、特別なLEDベースの照明が使用されました。

Jamieson氏は続けます。「私たちは、このシステムの性能に驚きました。検査を行うためのセットアップも容易であり、必要に応じて検査項目を追加できるからです。」

ビジョンセンサは、デジタルI/Oを介してオムロン製PLCとインタフェース接続されます。このPLCは、マシンを制御して、不良品を排除します。また、Microsoft Windows XP®とCognex In-Sight Explorer®が動作するタッチスクリーンパネルPCは、オペレータインタフェースとプログラマインタフェースの両方の機能を果たします。

検査データは、関連する不合格品の画像と共にPCに記録されます。ユーザは、検査結果をWebブラウザで確認したり、Excelにロードしてオフラインで分析したりできます。

Jamiesonは、こう語ります。「画像の記録は非常に便利です。不合格品の画像を保管しておくことで、問題の発生場所を特定することができます。また、問題の傾向を監視して、製品設計の改良効果を測定することができます。」

Related Customer Stories

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ