お客様の事例

低コストマシンビジョンで完璧な品質を実現する自動車メーカー

Ice Industries using cognex vision system to inspect nut and bolt assembly

関連製品

In-Sight 2000

In-Sight 2000

In-Sight ビジョンシステムのパワーに使いやすさとお手頃な価格を兼ね備えたビジョンセンサ

2D Machine Vision Systems Insight 7000 and hand holding In-Sight 9000

In-Sight ® 画像処理システムは

検査、識別、位置決めする能力に非常に優れています。

Ice Industries 社のオハイオ州メイソンにあるディアフィールド工場で製造されているプレス式メタルフレームレールは、ある自動車OEM用に溶接ナットの取り付けが要求されました。この顧客の変更を受けて、ディアフィールド工場ではプレス作業が完了したプレス部品にナットを取り付ける溶接機を開発しました。顧客にナットの取り付けられていないフレームレールが届くようなことがあれば、同社の品質スコアが落ちるばかりでなく、根本的な原因を見つけて、その対策を顧客が承認し、これが完全に実施されるまで、すべてを停止しなければなりません。

従来は、部品を梱包するときに部品にナットが付いているかオペレータが確認していました。ディアフィールド工場の製造エンジニアリングマネージャ、David Randall 氏は次のように語っています。「手動検査の問題は、100%を達成できない点にあります。シフトの終わりに近づくと、担当者が疲れていたり、退屈して他の事を考え始めたりします。当社のポリシーは、不良品をすべて排除することです。」

そこで、ディアフィールド工場の管理者は、マシンビジョンの採用を決定し、機種を検討していました。「これまでは、マシンビジョンシステムの値段が高いと思っていました。当社のエンジニアのひとりが、インターネットでコグネックスのChecker ビジョンシステムを見つけてきました。価格が安いことに加え、Checker は使いやすいという所が気に入りました。コグネックスのWebサイトでデモを体験後、数分でChecker を使ったサンプル部品の検査をプログラムすることができました。」ディアフィールド工場の製造管理者は、地元のコグネックス代理店 Crescent Electric Supply Company (CESCO)に問い合わせた所、代理店の担当者が来て部品を確認し検査方法を改善するアドバイスをしました。

Ice Industries 社のエンジニアPhil Kautzman 氏は、先にステーションのカメラ位置を決めて、検査する部分が画面に表示されるようにしてビジョンセンサをプログラムしました。その後でラップトップPCをカメラに接続して、カメラの画像を画面に表示するためのセットアップソフトウェアをロードしました。Kautzman 氏は、ナット周辺に四角のウインドウを描画して、検査する特徴の対象部位を決めました。その後でナットが取り付けられていない部品と入れ替えました。Checker のワンクリックセットアップ機能が自動的に特徴の属性を調査して適切な合否基準を設定してくれます。

Randall は次のように語っています。「ビジョンセンサをナットが取り付けられていない部品で調整しました。検査パラメータの微調整が完了すると、Checker がすべての不良部品を検出しました。Checker は厳しいプレス環境でも故障することなく機能するという点も注目に値します。Checker の導入を決めるとき、確認のために顧客にも参加してもらいました。その顧客が唯一質問したことは、どうやって同様のマシンビジョンシステムを自社の作業に導入したらよいかということでした。当社では、将来、顧客の期待を超えるための取り組みとして、マシンビジョンの使用範囲を拡大する予定です。」

Related Customer Stories

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...