お客様の事例

上部コンソールアセンブリの検証

Buttoncluster

関連製品

2D Machine Vision Systems Insight 7000 and hand holding In-Sight 9000

In-Sight ® 画像処理システムは

検査、識別、位置決めする能力に非常に優れています。

Fixed-mount barcode readers

固定式バーコードリーダ

レーザースキャナの使いやすさと価格を実現した画像ベースバーコードリーダ

ビジョンソリューションによる生産性向上

精密に調整された生産ラインの数がますます増えるにつれて、製造業者は、オペレーションのアウトプットを最大にするために、技術の発展に歩調を合わせてシステムのアップグレードを模索することが頻繁にある。
レミントン・スパのJohnson Controls社のプラントでは、自動車業界のための生産ラインに従来のセンサを使用していたが、新しいパーツが必要になった場合にはシステム改造が困難であることが判明した。そこで、定期的なパーツ構造の変化に対して短時間で容易に対応できるシステムが必要とされるに至った。
CognexのシステムインテグレータであるBytronic社は、ハードウェアとソフトウェアを含む、完全に統合されたターンキー方式のソリューションを提供する契約を獲得した。優秀なシステムインテグレータのプランに沿って、必要とされる精度の実現を保証するために、Cognexの高性能カメラが多数、採用された。
特に、新しいシステムは、自動車の上部コンソールから構成されるアプリケーションのために設計されている。その上部コンソールには、マップランプ、マイクロフォン、サンルーフ制御装置、超音波警告装置、Homelink(TM)ガレージ扉開閉装置が装備されている。第1の目的は、49のバリエーションがある可能性を持つパーツが確実に手作業で組み立てられるようにすることである。これらのパーツのバリエーションに加えて、コンソールには、3種類の異なるベージュ系の色(淡い黄褐色、はと色、非常に淡い黄色)のバリエーションも使用されている。したがって、適切な色が組み合わされて組み立てられていることを保証するために、追加のチェックが必要になる。
これらの非常に重要なチェックは、3台の個別の検査ステーションで行なわれる。そのステーションには、2台のIn-Sight 1000カメラと1台のIn-Sight 1000Cカラーカメラが装着されている。In-Sight 1000シリーズの高性能ビジョンシステムは、それぞれのパーツのバリエーションと色を検査して、各上部コンソールの組み立てに使用されるパーツと色の順序が適切であることを保証する。
このように統合された生産ソリューションでは、パターン検出、ヒストグラム、およびカラーヒストグラムツールが使用され、パーツと特定の色を識別する。それぞれのパーツが手作業で組み立てられるので、CognexのIn-SightカメラはEthernet経由でタッチスクリーンPCに接続されており、画面にはステップ毎の手順とイラストが表示され、組み立て作業の一助となる。オペレータインタフェースには、すべてのバーコードのバリエーションをモニタし、個別のテストを設定するソフトウェアが使用されている。また、このソフトウェアは、カメラからテスト結果を読み取り、入出力を制御するためにも使用される。
新しいシステムはセンサをベースにした従来のシステムよりも高速で、かつ信頼性に優れている。システムでパーツが変更されたときに、新システムの主な優位性が証明された。現在では、センサを追加するために大規模な機械的な変更を加える代わりに、単純なソフトウェア変更が必要となるだけである。これは、生産プロセスに対する変更がより短時間になり費用に見合った効率性によって高い信頼性で実行できるということであり、その結果、生産のスループットが向上し、コストが最低限で済む。

Related Customer Stories

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...