Customer Stories

品質管理のための自動検査システム

OCSA Italy using insight explorer software pattern matching technology

関連製品

In-Sight 2000

In-Sight 2000

In-Sight ビジョンシステムのパワーに使いやすさとお手頃な価格を兼ね備えたビジョンセンサ

In-Sight® 5100ビジョンセンサを使用することで、自動車業界の企業向けに製造しているプラスチック部品の不良品をゼロにしたOCSA社

プラスチック成形を専門とするOCSA S.p.A.社は、イタリアおよび欧州全域の大手企業向けのプラスチック部品を製造しています。ヴィチェンツァ市クレアッツォに拠点を置く同社の戦略において基礎となっているのは、製造および品質管理の自動化のための、最先端の革新的なテクノロジを導入したことです。

100%の管理

OCSA社は、主に自動車業界の企業向けの、プラスチック部品の製造を受注しています。求められている条件の1つは、製造される部品から不良品を完全になくすことです。この条件を満たすため、同社の経営陣はビジョンシステムの導入を決定し、Cognex® In-Sightラインビジョンシステムを選びました。その理由をOCSA社のオーナーであるMarco Milan氏は、「まず私たちは、当社のお客様の条件を完全に満足させることができるのは、ビジョンシステムのみであるという事実を認識しており、次に、既に当社では、コグネックスのIn-Sightシステムをベースとしたビジョンソリューションが導入され検査が実施されており、優れた結果が出ていたのです」と説明しています。
この場合、ビジョンシステムのタスクは、各製造アイテムの品質をきわめて高い精度で検査することであり、見つかった不良品を除去することです。具体的には、このシステムは、形状欠陥、プラスチック材料の過不足、プラスチック面へのオイル等の付着など、不良を示す部品が次の工程に進むことを防いでいます。
ビジョンシステムは、上記のオペレーションを監視するための装置に取り付けられました。装置全体は、ビジョンシステムのほか、部品を検査に送るための振動ユニット、部品をリモートカメラ位置まで動かすためのコンベアベルト、そして不良品を除去するための圧搾空気システムで構成されています。システム全体はPLCで制御され、コグネックスと提携しているシステムインテグレータのTEC Srl of Lissone (ミラノ市)が設計および製造しています。
ビジョンセンサそのものについては、OCSAの技術スタッフがIn-Sight 5100を選びました。このデバイスは、その処理効率の高さと、頑丈さ、信頼性の高い構造など、厳しい環境に適した特性を有しているという点で選ばれています。

ソフトウェアの重要性

コグネックスのソリューションが選ばれたもう1つの決定要因は、優れたソフトウェアサポートです。In-Sightファミリのほかの製品と同様に、In-Sight 5100モデルには完全なコグネックスビジョンツールライブラリが付属しており、画像の処理や解析に高度な機能を提供します。
OCSAの場合、特に有用だったツールは、In-Sightシステムが照明、角度、大きさの変化に関係なく検査対象物を高い信頼性と再現性で位置決めするためのPatFind®でした。各部品はPatFindによって認識されてピックアップされます。このツールには、角度と参照位置の2つの幾何学オプションがあり、エッジ検出ツールやブロブ検出ツールを使用して、対象物の幾何学特性を詳細に解析できます。
このビジョンシステムによって得られた結果は、予想を上回っていました。すべての不良品を排除することができ、コンポーネントの認証された不合格率は0.5%を下回りました。毎分120部品という高速検査により、生産性への悪影響もありません。

 

お客様の事例

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ