お客様の事例

In-Sight Microで中国生産のブレーキパッド欠陥をゼロに

関連製品

2D Machine Vision Systems Insight 7000 and hand holding In-Sight 9000

In-Sight ® 画像処理システムは

検査、識別、位置決めする能力に非常に優れています。

Fixed-mount barcode readers

固定式バーコードリーダ

レーザースキャナの使いやすさと価格を実現した画像ベースバーコードリーダ

米国ミシガン州サースフィールドに本社を置くFederal-Mogul社(1899年設立)は、自動車用スペア部品の国際的な製造サプライヤです。同社は過去100年間にわたる発展の中で、世界の自動車およびエンジン用スペア部品産業で、高度な開発能力、プロフェッショナルな製造技術、多数の有名ブランドを作り出し、常に主導的な役割を演じてきました。Federal-Mogul社は、国際的な自動車メーカーのほとんどにコンソール製品を供給しており、その販売およびアフターセールスサービスネットワークは世界に広がっています。現在、Federal-Mogul社は約49,000人の従業員を擁しており、世界24の国と地域に150を超える工場を展開しています。

Federal-Mogul社は、米国Federal-Mogulグループが中国において所有している7つの企業の中で唯一の100%子会社であり、自動車用ブレーキパッドを製造しています。同社は、オーストラリア、英国、韓国、米国、ドイツなどの先進の管理チームによって、制約管理や欠陥撲滅「5S」管理などの分野で世界クラスの管理テクノロジを有している企業として認められています。同社は以前から、高品質な製品を適正な価格で製造することで、常にあらゆるコンソール市場およびアフターマーケットに貢献してきました。Federal-Mogul社は、この業界で最初にISO14001、TS16949、SAS18000認証を取得しました。同社のFerodoブランドは、過去100年にわたって業界での優れた品質として、世界的に有名です。

中国におけるコグネックスのASP(オートメーションソリューションプロバイダ)であるShanghai Gojoy Automation System社は、自動車用スペア部品製造での検査用途に In-Sight® ビジョンシステムをFederal-Mogul社に導入しました。このIn-Sightシステムは、ブレーキパッド全体の寸法を測定し、表面のパターンとラベルを識別し、パッドの特徴を見分けることで、材料の混合、サイズや重量が異なる製品、生産工程での工程ミスがある製品を検出できます。結果を画面上に表示すると同時に、PLCに品質管理用の検出結果を送信することで、欠陥製品を生産ラインから除去できます。

Federal-Mogul社がコグネックスのシステムを選択した理由は、手動検査では迅速で効率的な生産を実現することができないためです。生産の要求仕様を満たすためには、完全に自動化された非接触目視検出手法が必要でした。In-Sightビジョンシステムで、シンプルで柔軟性と安定性に優れ、信頼性の高い画像記録が可能な、非接触オンライン高速検出ができました。

同社はIn-Sight Microスマートカメラを選択しました。このカメラの寸法は30×30×60mmで、手動での画像制御が不要なため、信頼性が高く安定感のある、自動欠陥検出ができます。ブレーキパッド生産ラインでの欠陥検出要求仕様を満たすために、In-Sight Microカメラ1100(文字の読み取りが可能な標準タイプ)と1050(簡易バージョン)の2つのモデルが選定されました。In-Sight Micro 1100は、ラベルが印刷されているかどうか、ロット番号及び日付の検出など、ブレーキパッド上の印刷内容の検出に使用されます。In-Sight Micro 1050は、アタッチメントが正確にリベット留めされているかどうか、傾斜角があるかどうかを検出するほか、厚さなど他の特性の検出にも使用されます。 

お客様の事例

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...