お客様の事例

DataMan バーコードリーダ、バキュームポンプの完全なトレーサビリティーを実現

zeltwanger_web

関連製品

固定式バーコードリーダ

レーザースキャナの使いやすさと価格を実現した画像ベースバーコードリーダ

大半の車、あるいは軽自動車のバキュームブレーキサーボ(あるいはブレーキブースター)は、ブレーキをかける際に運転手の負担(ブレーキを踏む力)を軽くする働きをします。バキュームポンプは非常に重要な部品であり、最小の過ちですら、サーボ製造上の厳しい品質要求を満たせない原因と成り得ます。テュービンゲン (ドイツ)の近くにあるZeltwanger Automation GmbH は、年間約40万個のポンプを生産し、各ポンプに測定値を記録したデータを付けています。レーザーエッチングデータマトリックスコードに含まれるデータは、各製品に刻まれ、コグネックスのDataMan® のバーコードリーダによって読み取られます。バーコードリーダはコードに含まれる情報を読み取り、工場ネットワークにデータを送り、部品を総合的にトレースできるようにします。

試験によってブレーキ力を保証する 

Zeltwanger の組立および試験セルの丸いステップテーブル上で、バキュームポンプが回転をするのにおよそ40秒かかります。試験セルは自動的にカバーに穴を開け、ポンプのシーリングをテストします。すべてのシーリングの組み立てが完了し、すべてのシーリングリングがしっかりと固定されていることを確認した後、ポンプが試験用のサーボ管理駆動に接続されます。バキュームポンプは様々な速度で試験され(トルク測定や圧力測定等)、油圧試験と走行温度でのオイルのフローテストも行われます。各試験にパスをすると、測定値とシリアル番号、製造年月日をデータマトリックスとしてレザーマーキングされます。

データに基づいた説明が力強くサポート

次のステップでは、 DataManバーコードリーダが新しくエッチングされたデータマトリックスをスキャンし、完全に読み取り可能であることを確認します。その後、測定された値をすべて出力します。このステップは、測定値と各製品のライフサイクルと正確に関連付けます。

DataManバーコードリーダは事前のステップ(試験)から得た必要なデータがすべてコードに含まれていること、また読み取れることを確認します。すべての情報が正しく確認され、また部品自体がパスした場合、バキュームポンプは次のステップに移ります。もし情報が不正確な場合は、その部品は排除され、オペレータによって粘着性ラベルが貼られ修正が必要であることが示されます。

性能スタンダードを提供

データマトリックスコードに試験値を含ませ、またその情報が読み取り可能であり、トレースするために保存されることで、Zeltwanger Automation GmbHはプロセスに信頼をおくことができます。DataMan バーコードリーダは、産業用接続性を備えたコンパクトな小型のハウジングの中に照明、イメージャ、プロセッサが搭載されています。様々な要求と非常に制限されたスペースでも、DataMan バーコードリーダは二次元DPM(ダイレクトパーツマーク)データマトリクスコードの正確な読み取り率を提供します。

最終ステップでは、Zeltwangerの新たな組立や試験セルが、データマトリックスコードに含まれるデータを2つのネットワークカードが搭載されたゲートウェイPCに送ります。これにより、セルオペレーションとカスタマーネットワークを分けることができます。エラーメッセージが起きた場合、 Zeltwangerのサービス人員は顧客のシステムを介さずともリモートサーバコントロールから直接介在することができ、ダウンタイムを最小に抑えることができます。

Related Customer Stories

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ