ニュースリリース

2016年 1 月14 日

コグネックス、
高性能PCに匹敵する能力を備えたコンパクトな
画像処理システムIn-Sight Micro 8000を発表

コグネックス株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:井上誠)は本日、スタンドアロン型の画像処理システムIn-Sight®ファミリーの新型モデルIn-Sight Micro 8000シリーズを発表しました。In-Sight Micro 8000シリーズは、業界をリードする強力な画像処理ツールを非常にコンパクトなボディーに収め、PCに匹敵する高速処理を提供します。 

今日では生産ラインの高速化に伴い、より高い検査精度、より広い視野、そしてより高速な画像処理ツールが求められています。これらの要求すべてをオールインワンで解決するコンパクトな In-Sight Micro 8000シリーズは、素早い画像取り込みとPatMax RedLine による超高速パターンマッチテクノロジーを搭載し、あらゆる生産ラインに最適な解像度、スピード、そして性能を提供します。これにより、サイクルタイムの短縮、生産性の向上、そしてスループットを落とすことなく高解像度での検査が可能となります。また、これまでと同じサイクルタイムでより多くの検査を実施することも可能です。

新しいIn-Sight Micro 8000シリーズは、従来のIn-Sight画像処理システムと同様に、定評のあるIn-Sight Explorerソフトウェアで簡単に設定することができます。同ソフトウェアはステップバイステップでわかりやすいEasyBuilder開発環境と、パワフルで柔軟性のあるスプレッドシート開発環境の両方を備え、高い操作性を実現しています。 

わずか31×31×63 mmのコンパクトなボディーに、省配線に貢献するPoE(Power over Ethernet)を装備した本製品は、狭い場所やロボットへの設置に適しています。位置決め、検査、計測、工業用ID読み取りアプリケーションといった生産ラインのあらゆる場面で活躍します。  

In-Sight Micro 8000シリーズ画像処理システムは、In-Sight Micro 8200、In-Sight Micro 8400、In-Sight Micro 8401、In-Sight Micro 8402、In-Sight Micro 8405のラインナップで構成されています。各モデルの詳細は、http://www.cognex.com/In-SightMicro8000 をご覧ください。

Cognex、PatMaxおよびIn-SightはCognex Corporationの登録商標です。PatMax RedLineおよびIn-Sight ExplorerはCognex Corporationの商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。

コグネックス株式会社

コグネックス株式会社(本社、東京都文京区)は、コグネックスコーポレーション100%出資の下、1988年に設立され、半導体、エレクトロニクス業界を中心に急成長を遂げました。コグネックス株式会社は日本市場において画像処理システムの輸入、販売、サポートを行う画像処理のトータルソリューションプロバイダであり、コグネックスグループの中で最も重要な拠点のひとつとなっています。詳しくは、Webサイト (http://www.cognex.co.jp/) をご覧ください。

コグネックスコーポレーション

コグネックスコーポレーション(本社米国)は、画像処理技術を基盤とした画像処理システム(ビジョンシステム)、画像処理ソフトウェア(ビジョンソフトウェア)、画像センサ(ビジョンセンサ)、バーコードリーダの設計、開発、製造、販売において、世界をリードする企業です。革新的な技術を搭載しているコグネックスの画像処理システムとバーコードリーダ製品は、世界中の工場や倉庫・配送センターでの生産や流通の工程において、広範囲にわたる検査、認識、識別、位置決め、品質管理などで採用されています。1981年の創業以来30年以上にわたって、累計収益40億ドル以上、出荷台数100万台を超える実績をもち、最高の精度、信頼性、性能を提供する製品として全世界で高い評価を得ています。コグネックスは、米国のマサチューセッツ州ネイティックに本社を構え、日本、北米、ヨーロッパ、アジア、中南米などの拠点、パートナーを含め、全世界をカバーするグローバルな体制で、卓越したソリューションとサービスをお届けしています。詳しくは、Webサイト (http://www.cognex.com/) をご覧ください。